» 2014 » 5月 » 21のブログ記事

こんにちは。

新聞を見ていると、今日からパナソニックのスマートHEMS(ヘムズ)というシステムが
始まったそうです。

このHEMSとはエネルギー使用状況を把握して、電気設備や家電を効率よく運転出来るように管理、
制御するシステムです。

つまり家で使っている電力が可視かされ、勝手にHEMSが電力を調整してくれて節約もしてくれる
というイメージでしょうか。

実は今の日本でエネルギーの供給は約9割が化石燃料に頼っていて、さらに日本にエネルギー自給率も6%。
一方で家庭でのエネルギー消費は年々増えています。
さらに2011年の東日本大震災以降エネルギー事情は大きく変化しました。

このような問題を解決するためにパナソニックが開発したのがこのHEMSです。
例えば電気の使用時間帯を集中させないようにしたり、電気使用量そのものを減らしたり。

そして2016年には従来の電気外車以外の事業者から、電力を購入できるようになるため
太陽光発電で電気そのものをつくり、その電力でまかなったり、安く電力を買ったり
消費する電力事態も少なくなるので、無駄なく自給自足のエネルギーが利用できるようになるそうです。

政府も2030年までにはすべての住まいにHEMSを設置することを目指しており
将来、我々の生活に欠かせない設備になっていくことが予想されます。

オイルショックを背景に日本では、車や家電などで省エネのモノ作りが盛んに行われてきましたが、
このHEMSはもっと根本的にエネルギー問題をか解決してくれそうですね。

こんにちは。
今朝はすごい雨でしたね!
ちょうど家を出るときが一番雨脚が強くて、ズボンのひざから下がびしょびしょになってしまいました…。

さて、ディレクターズにはCAFE Re::bootというフリーのコワーキングスペースがあるのですが、そこで飲み物も販売しています。
種類はいろいろとあって、しかもいつも同じというわけではないのですが、その中でも一定の割合を占めているのがキッコーマンソイフーズの豆乳シリーズです。

キッコーマンソイフーズはキッコーマンの子会社で、豆乳を主とする飲料や食材の製造販売を行っています。
中でも飲料事業は売上高の約67%を占める主力事業で、同社が提供する豆乳飲料は国内シェア首位だそうです。

実はこのキッコーマンソイフーズ、1939年の創立当時は「鴨川ニッケル株式会社」という、ニッケル生産を目的とする鉱山会社でした。
それがなぜいまでは豆乳飲料国内No.1のシェアを誇る企業になったのか詳しいことはわかりませんが、恐らく1977年に紀文グループに参加したことが大きく影響していると思われます。

私は豆乳が苦手なのですが、キッコーマンソイフーズでは色々な味つけの豆乳飲料を販売していて、とても飲みやすいんです。
先日新しくいちご風味のものが入ってきたので、これから飲んでみようと思います。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2014年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031