» 小ネタ!のブログ記事

「キティちゃん」かわいいですよね。
日本を代表するキャラクターとして「ハローキティ」を真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
レディー・ガガやケイティ・ペリー等の海外セレブにも人気があり、世界を代表するキャラクター, KAWAIIのアイコン的存在と言っても良いかもしれません。
その活躍の幅は広く、最近Youtubeのハローキティオフィシャルチャンネルで双子の妹であるミミィちゃんと漫才をしている動画を見つけたときには爆笑してしまいました。

そんなキティちゃんですが、実は猫ではないんだそうです。
私がこの事実を知ったのは最近、キティちゃんの傍らに四足歩行の猫らしきキャラクターを見かけた時です。そのキャラクターは、キティちゃんの誕生日にプレゼントされたペルシャ猫の「チャーミー」だそうで、チャーミーが猫ならばキティちゃんは!?と思ったのでした。公式のプロフィールではキティちゃんは「明るくて、ハートの優しい女の子」だそうです。体重はリンゴ3個分。これ以上の詮索は無粋ですからやめておきましょう。
サンリオキャラクターで似たような驚きの設定としては「ポムポムプリンはゴールデンレトリバー」というものも有名ですね。プリンじゃないのか!と突っ込んでしまいました。

さて、そんなキティちゃんやポムポムプリンを生み出した株式会社サンリオですが、実は創業当初は「山梨シルクセンター」という名前でした。その名の通りシルク製品を販売する会社だったのですが、シルク製品の売れ行きが思うように振るわず、その苦境を脱するためにキャラクタービジネスへと舵を切ったんだそう。
その結果、キティちゃんをはじめとする沢山の人気キャラクターたちが生まれたのですから、よくぞやってくれたという思いで一杯です。

十数年ぶりにサンリオピューロランドに行きたくなってきました。

皆さん業務用スーパーに行かれることはありますか。私は週末に時々行きます。

業務用スーパーの良いところは何といってもあらゆる商品の価格が安いことでしょう。また、幅広いジャンルの商品を展開しており、海外輸入の商品のバリエーションに驚かされます。最近では物価が高騰しているということもあり、少しでもお安い価格で購入できるのはとても有難い存在です。

ということで、今週は業務スーパーでおなじみ、株式会社神戸物産について紹介します。

こちらの会社は、食品スーパーの業務スーパーをはじめ、プレミアムカルビ、馳走菜、神戸クック・ワールドビュッフェなどの外・中食事業、エコ再生エネルギー事業などを展開されています。

業務スーパーというと低価格というイメージはありますが、神戸物産はメーカーからの直仕入れの他に、メインの販売商品を冷凍食品や常温の缶詰やレトルトなど賞味期限の長いものにすることで廃棄量を削減し、コストカットを実現しています

また、食に関わる企業として、食の安全、プロの品質を届けるために原材料の生産から製造・加工、販売まで一体体制で行っています。

食について語っているとお腹が空いてきました。今週末にまた行ってみようかな。

最近飛行機を利用する機会があり、空港で受託手荷物を受け取る際に気が付いたことありました。

実は大型の荷物を安定して運ぶことができ経路も自由に決められるカーブコンベアは非常に優れた技術ではないでしょうか。空港以外にも身近なところでは回転寿司のレーンなどにも利用されていたりしますね。

カーブコンベアはローラーやベルトを用いたものがあり、産業分野で多く利用されているとのことです。

今回はこの分野の老舗であるニッタ株式会社を紹介いたします。

ニッタは産業用ゴムベルトを中心に、伝達用のコンベヤユニットやチューブなどを製造・販売するベルトメーカーです。

業務用の製品を中心に高いシェアを持ち、半導体消耗品や自動車用ベルト製造にも関わっているため、多方面の分野に事業展開ができています。

歴史も深く1885年創業、日本で初めて動力伝導用革ベルトの製造に成功した会社でもあり、古くから日本の産業を支え続けた会社であることが分かります。

海外展開も昔から進めており、1980年ころから本格的にアメリカ進出を行っています。

近年では欧米と韓国での売り上げが伸びており、国内の売上も堅調に推移しています。事業で対象としている分野も広く、海外での成長も期待できる会社は素晴らしいですね。

手堅く、それでいて成長もする企業は安心して長く応援できそうですね。

温泉は素晴らしいものです。

リラクゼーションやスパ関連の施設は私たちに癒しを与えてくれます。観光地などの温泉施設では特に良い体験ができますよね。

しかし、普段から身近なリラクゼーション施設と言えばやはり銭湯でしょう。日本は各地に銭湯があり街中から簡単にアクセスできる店舗も多くなっています。

普段の買い物の帰りや、ちょっとした運動の後などでも利用できる銭湯のポテンシャルはとても高いと感じられます。

今回は銭湯の店舗数日本一を誇る、株式会社極楽湯ホールディングスを紹介いたします。

同社は、「極楽湯」や「らくスパ」などのスーパー銭湯を全国的に展開、運営する企業です。店舗は国内には40店以上、海外にも10店以上出店しており、スーパー銭湯業界では頭一つ抜けた店舗数となっています。

他社を圧倒できる店舗数を持つ企業であることから、温浴施設カテゴリの22年3月期売上高は100億3600万円で堂々の1位に輝いており、業界首位企業の実力が感じられます。

しかし、近年はコロナ流行による業績の低迷や原油高の影響で利益率が低下するなどの逆風が吹いており、厳しい経営が続いているようです。これに対応するためアニメとのコラボや、料金の値上げなどの処置を行っており、直近では状況の改善が見え始めています。

私もらくスパを利用したことがありますが、非常に良いサービスが受けられたと記憶してます。個人的にとても応援したい企業なので、今度の休日にでもまた利用させていただこうかと思います。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728