» 2015 » 4月 » 22のブログ記事

こんにちは。lgf01a201501070100

アデランスが、病院内ヘアサロンである「ヘアサロン こもれび」を慶應義塾大学病院に出店するというニュースがありました。
「ヘアサロン こもれび」は、これで23店舗目となるそうです。
そんなに出店しているにも関わらず、私は存在を知りませんでした……。
皆さんは、アデランスが病院内に出店しているとご存じだったでしょうか。

「ヘアサロン こもれび」は、主にがんを扱う病院に出店しています。
抗がん剤や放射線治療等の副作用による、脱毛や爪の変色などに悩む患者さんが、院外に行かなくても施術を受けられるのでとても便利です。
患者さんだけでなく、患者さんの家族や、医療従事者なども利用することができます。

脱毛の相談・医療用ウィッグの取扱いはもちろん、カット・カラーリングなどの一般的なサービスも揃っています。
また、病室への出張カットも行っているそうです。
病室を出ることが出来ない方でも、ヘアケアができるのは素敵ですね。

抗がん剤の影響で、髪が全て抜け落ちてしまう……といった描写は、ドラマや漫画でもよく見かけます。
がんになってしまったら避けては通れない悩みなのだと思っていました。
しかし、この院内ヘアサロンのおかげで、その悩みも小さくできそうですね。

余談ですが、検索していたら「こもれび」という名前の美容室は、他にも結構ありました。
間違えないようにお気を付けください!

それでは。

a0782_000108
こんにちは

GWが近づいてきました。
GWは遠くへ出かける人が多く一般道や高速道路問わず混雑しています。
遠くへ出かける際は飛行機や電車も良いですが、
自動車でドライブを楽しみながら目的地を目指すのもまた良いものだと思います。

さて、本日はそんな自動車に関連した企業をご紹介します。
日本の自動車メーカーといえばいくつか代表的な企業がありますが、
そんな自動車メーカーの中で売上高第一位の企業といえばトヨタ自動車株式会社です。
自動車業界だけではなく、全上場企業中の売上高第一位でもあります。凄いの一言に尽きます。

今日はそんなトヨタ自動車株式会社を取り上げたいところですが、
ちょっとだけ視点を変えてそのトヨタ自動車の関連会社を取り上げたいと思います。

トヨタ自動車向けを中心とした自動車部品の製造販売をしている愛三工業株式会社について見てみます。
愛三工業株式会社は主にキャブレターや吸排気部品を製造しているそうです。
キャブレターって聞き慣れない言葉ですよね…調べてみたところ、
電気などの動力を使わずにガソリンなどの燃料と空気を混ぜて可燃性の気体を作る装置のことだそうです。
車に入れるガソリンなどの燃料はこの装置を通して可燃性の気体となり、エンジンを動作させているのだそうです。
聞き慣れない言葉ですが、車の動力部分の一端を担っているんですね!

さて、そんなキャブレター等を中心に製造販売している愛三工業株式会社は、自動車部品の販売以外でも有名だそうです。
スポーツでは自転車競技部が有名だそうです。
2006年度のアジア競技会の日本代表選手を数多く抱えており、自転車競技界では名門の実業団として名前が知られています。
また温暖化防止等の社会的な活動にも力を入れているそうです。
自動車部品メーカーだからこそ、しっかりと環境にも向き合うことにも力を入れているのではないかと思います。

企業としての活動に加え、スポーツや社会貢献もしっかり行っていて力強い企業という印象を受けました。

“寝る”贅沢

| 小ネタ! |

こんにちは。羊

 20余年の人生で寝起きが良かった記憶がほとんど無いalpacaです。
低血圧だとか、レム・ノンレム睡眠だとか色々言われていますが
本当のところは分かりません。
しかしそばがらであったりとか、薄い枕などを使うと
睡眠の質が向上するとよく言われますね。
寝具は毎日使う物なので良いものを揃えたい、
という方も多いのではないでしょうか。

 さて、朝目覚ましなどで目をさますと、
体の重さにぐったりしていることがありますよね。
「睡眠の質が悪かったのかな〜」なんて考える方も多いと思います。
かくいう筆者も、今日目覚めた時に寝方がわるかったのかな、と考えていました。
しかし、本日のニュースの中で、起床直後のぐったり感は睡眠から覚醒状態に移行するさいに
切り替えが上手くいかない「睡眠慣性」という状態からくるものだ、と紹介されていました。

 この睡眠慣性は入眠後1〜3時間の間、つまり深い眠りに入っている際に起こされると強く
出てくるものだそうで、逆に20分程度の浅い睡眠であれば強い慣性ははたらかないそうです。
つまり深い睡眠に入っている間に起きてしまうことで朝の気だるさが発症してしまうわけですね。
また、若ければ若いほどすぐに深い睡眠に入ってしまうので、お昼寝などは20分以内にしておいたほうが
午後の仕事に影響しないということです。ランチを食べ終わって、音楽を聴きながら少しうとうと、
くらいが逆に眠気解消には丁度いい、ということですね。
またどうしても眠い場合は筆者は席を立って水を飲みに行くか、お手洗いに行きます。
座ったままで眠気を解消するのは難しいので足を使って歩くことが大事かもしれません。

 ということで、高い寝具を買うよりも脳波を計測してくれる高い時計を買ったほうが「寝覚め」はよく
なるということです。しかし体の回復を促進してくれる高い寝具の方が身体にとっては嬉しい、という
ことですね。
業界の中で斬新な寝具を開発しているのは、大阪府に本社をおく株式会社カネヨウです。
近江ちぢみという素材を枕のパッドに採用しており、肌との接地面の少なさから、
風通しの良い睡眠を約束してくれる、というものです。
こうした日本ならではの製法で作られたものは、やはり日本人の生活にフィットしますね。
取引先は欧米諸国など世界で主要な国々であり、寝具は世界共通のマーケットであることがうかがえます。
機能性まくらなどの製品はもちろん、引っ越しの際の衝撃吸収素材なども開発しており、
寝具業界ならではの手の広げ方だな、と思わされます。

テンピュールなどの有名な枕以外にも寝具の選択肢は色々ありますね。
自分にあった寝具を、広い選択肢の中からじっくり選んでみるのも良いのかもしれません。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930