» 2015 » 4月のブログ記事

a1820_000004
こんにちは。

早い人は連休をつなげて明日あたりからGWではないでしょうか。
GWに旅行に出かける方もたくさんいるかと思います。

本日はそんな、旅行商品を取り扱う旅行大手の株式会社エイチ・アイ・エスをご紹介します。
昨日27日、株式会社エイチ・アイ・エスは株式会社ファミリーマートと業務提携の検討に入ると発表しました。
この提携が実現すると、ファミリーマートで旅行商品(ツアー)の購入ができるようになるそうです。
日本・海外のファミリーマート共に日本国内ツアーを販売するそうです。
今年度中のサービス開始を目指しているそうです。
検討からサービス開始までの期間が短いところも注目したいですね。

今後コンビニで旅行が購入できるようになったとしたら、より気軽に旅行に行けそうですね!
私もちょっとした連休を使って温泉旅行や美味しいものめぐりなんかをしたいなと思います。

旅行会社を利用するといろいろな手配を行ってくれるだけでなく、
行き先を選択肢から一つ決めることになるので、さっと行き先を決められるというのも魅力ではないかな、
とこの記事を書きながら思いました。
すべて自分で計画を立てようとしている私は、まだGWの旅行先も日程も決まっていません…

こんにちは。400px-Gw_donkeykong_trans

1980年の今日4月28日は、日本初の携帯ゲーム機である、
任天堂の「ゲーム&ウォッチ」が発売された日です。
ちなみに、世界初の携帯ゲーム機はアメリカのおもちゃメーカー「マテル」が開発した、
「マテル・オート・レース」なんだそうです。
マテル社はバービー人形で有名な会社です。

しかし、同じ携帯ゲーム機とはいえ、この二つは大きく異なっています。
ゲーム&ウォッチは、本体の真ん中にスクリーンがあり、両側にボタンがあります。
対してマテル・オート・レースは、本体の右に縦長のスクリーンがあり、左に電源と上下に動くつまみがあるのみです。
そして名前の通り、縦スクロールするレースゲームしかプレイできません。
ただ、初期のゲーム&ウォッチは十字キーが無く、丸いボタンしか無かったので、
ゲーム&ウォッチが特に優れていたとも言えません。
1982年発売のドンキーコングで、ゲーム機史上初めて十字キーが採用されたそうです。

また、ゲーム&ウォッチといえばレトロな色合いの板といった見た目が有名ですが、
なんと上下に2画面ついて、さらに折り畳み式になっているものもありました!
現在のDSシリーズのデザインは、既にこの頃からあったのですね……。

ゲーム&ウォッチは発売2年で900万台を売り上げ、最終的に1300万台の販売数となりました。
次世代のゲームボーイは3300万台売り上げていますので、かなりヒットしたことが伺えます。
比べるとゲーム&ウォッチの方が販売数は少ないですが、
これでも当時大赤字であった任天堂が超黒字になるほどの大ヒットでした。

そのまま、任天堂携帯ゲーム機の、日本での販売数を追ってみました。(Wikipedia調べ)
ゲームボーイ以降は最高売上げソフトの記述もあり、面白いので載せています。

ゲーム&ウォッチ:1300万台
ゲームボーイシリーズ:3300万台(テトリス 430万本)
ゲームボーイアドバンスシリーズ:1700万台(ポケモンエメラルド 210万本)
ニンテンドーDSシリーズ:3300万台(Newスーパーマリオ 650万本)
ニンテンドー3DSシリーズ:1800万台※(とびだせどうぶつの森 450万本)
※2014年12月までの販売数

いかがでしょうか?
ゲームボーイとニンテンドーDSで大ヒットしているかよくわかりますね。
最高売上げソフトは単独では上記のものなのですが、
ポケモンの2バージョンを合わせるとダントツで一位になるハードが多かったです。
ポケモンは今後も、任天堂の主力となるゲームシリーズになると思います。

私はちょうどゲームボーイの世代なのですが、
アドバンスになったときのグラフィックと音の進化っぷりには本当に驚きました。
後はゲームボーイカラーで色が付いたときですね……。
調べながら、当時の感動が蘇りました。

ナンバーズ

| 小ネタ! |

こんにちは。

今週もナンバーズの時間がやってまいりました。
初めて宝くじというものを買いました。

人生初の宝くじ。ビギナーズラックとなるでしょうか。

当選番号の前に今週のアクセスランキングです。

第一位 株式会社乃村工藝社
第二位 株式会社メイテック
第三位 株式会社ゼンショーホールディングス
第四位 DIC株式会社
第五位 オムロン株式会社
第六位 クルーズ株式会社
第七位 リゾートトラスト株式会社
第八位 株式会社デジタルガレージ
第九位 株式会社ラックランド
第十位 シャクリー・グローバル・グループ株式会社

当選番号は

「3795」

です。

ビギナーズラックとはなりませんでした。
いつまでがビギナーなんでしょうか?
ビギナーの心を忘れないうちに当てたいと思います。

来週当たることを祈ります。黄色いものを持って買いに行こうかと思います。

アイホンとiPhone

| 小ネタ! |

こんにちは。

本日は「アイホン」を紹介いたします。

うっかりiPhoneと間違えてしまいそうな社名です。
しかしこちらはアップル社のような通信機器とは関係がありません。
アイホンはインターホン業界に属しています。

戸建住宅・集合住宅向けのインターホンはもちろん、
オフィス向けのインターホンや、病院のナースコールも製造販売しています。
ちょっと変わった製品として、工事無しで家の鍵がオートロックになるものや、
インターホンアプリ、遠く離れていても応答ができる、ネットワーク対応のインターホンというのもありました。

工事無しでオートロックになる製品ですが、工事がいらないどころか、
鍵に貼り付けるだけでいいそうです!
箱状の制御装置をドアの上部に付け、鍵のレバー部分にロック装置を付ける(しかも両面テープ)だけで、
ドアが閉まると必ず施錠してくれるようになります。
これなら、うっかり鍵を閉め忘れることも無くなりますし、
鍵を閉める時間すら無いときにそのまま出ていくこともできますね。
この製品、電池式なので電池切れが怖いなぁと思ったのですが、
電池切れの予告もしっかりしてくれるそうです。

ところで、アイホンはアップルとは事業が全く違えど、関係が無いわけではありません。
やはりiPhoneとアイホンの名前が似ているのが問題となったのか、
iPhoneの日本での発音・カタカナ表記を「アイフォーン」とすることで2社が合意しました。
つまり、元々iPhoneは「アイホン」と読まれる予定だったんでしょうか。

また、「iPhone」の商標はなんとアイホンが持っているそうです。
この上で、アップルから商標使用料を受け取っているそうです。
iPhoneの発売は2007年、アイホンの社名になったのは1954年です。
アイホンの方が大先輩というわけですね。

それでは。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930