» 2012 » 7月 » 9のブログ記事

こんばんは!hikaru です。

毎週月曜恒例のナンバーズです。
さて、今回は当たるでしょうか。

まずは企業 TOP10 です。 (07/02-07/09)

第一位 株式会社 東芝 (6502)
第二位 株式会社乃村工藝社 (9716)
第三位 ルネサスエレクトロニクス株式会社 (6723)
第四位 株式会社 菱食 (7451)
第五位 株式会社日立製作所 (6501)

第六位 トヨタ自動車株式会社 (7203)
第七位 株式会社ゼンショー (7550)
第八位 株式会社プレナス (9945)
第九位 株式会社スペース (9622)
第十位 株式会社アシックス (7936)

結果は…!
6348!

該当企業もありません…。

先週も該当無かったような。
うーむ、ちょっと運気が逃げている気がします。

そろそろ当たって欲しいなあ。

では、また次回!

こんにちは、aicoです。

ランチこれからなのでお腹すいたな〜何食べようかな〜と思いながら探していると…見つけちゃいました!
今日はなんだかちょっとおいしそうな名前の上場企業、株式会社ダイフクを紹介します。

ダイフクはおいし~い大福を作っている会社…ではなく、
工場で物を運び、保管し、仕分ける機械を作っている上場企業です。

工場というと、材料がコンベアなど機械に乗って流されながら次々に作られている光景や、
つくられた在庫が広い倉庫に保管されていて、そこから出荷されて行く姿が想像つきますよね。

製品を流すコンベアやフォークリフトなどの搬送システムや、
コンピュータと連動したリフトやコンベアによって庫内での作業を
自動化した無人の倉庫、自動倉庫など、
なるべく人が行う作業を減らすための機械をマテハン機器と呼び、
工場内での原材料、仕掛品、完成品の全ての移動に関わる取り扱いのことを
マテリアルハンドリング(マテハン)といいます。

ダイフクは立体自動倉庫や自動車向け搬送システムといったマテハン機器で
国内首位、世界シェア2位を獲得しています。

また、半導体や液晶等の生産ではホコリや塵が入らないよう、
空気清浄度が確保された部屋、クリーンルームで生産が行われます。
人間は、毎日お風呂に入ってキレイにしていても、
着ている服や呼吸・しゃべった時の唾(水滴)によってダストを発生させてしまいます。
そのため、半導体などの生産過程ではなるべく人が関わらず機械によって生産が行われています。

クリーンルーム用の搬送・保管システムではダイフクが世界NO.1のシェアを獲得しています。

ちなみにダイフクの社名の由来は、
かつて大阪と福知山に工場があったことから付けられたそうです。
また、中国語で大福=めでたいと受けとられる事も社名を決める理由の1つだったそうです。

それではランチ行ってきます♪また明日〜!

こんにちは。

また1週間はじまりましたねー。
平日も休日もそれはそれで楽しいおめでたいタイプなのですが、
子どもに「それはそれで」という口癖が移ってしまい、ちょっと
それはアレなのかしらね、と思ったりします。

さて今日はIMV株式会社の社名の由来と製品のご紹介などを。
まず社名の由来からですが、設立時の社名「(株)国際機械振動研究所」の
英文(International Mechanical Vibration)頭文字IMVを製品ブランド名として
使用していたことから、だそうです。VibrationのVね、なるほど・・・

振動を研究し、振動を計る機械、振動を起こす機械などを作っているのだそうです。
計るはともかく、起こす・・・?と少し思ったのですが、振動を起こすことで、
乗り物が体に悪影響がないかや、強度などを調べたりできるのだそうで、
あーなるほどねーといった感じですね。

実はこのIMVさん、一度倒産の危機に見舞われています。
オイルショックの影響で、過剰在庫等で会社更生法を申請し、一度事実上の倒産。
その後、当時公認会計士だった小嶋成夫氏(現・同社会長)が更生管財人となり、
大口のスポンサーの援助も絶って、ほぼ独力で再建を進め、1985年には
会社更生手続を終了。
2005年にはジャスダックに上場も果たしています。
すごいですねぇ。

この会社更生法を申請し、立派に会社を立て直す企業もけっこうあるんですよ。
またご紹介していきますね。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2012年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031