» 2018 » 7月のブログ記事

皆さんこんにちは。本日は「株式会社クラウディア」についてご紹介致します。
この間、とうとう友人から結婚の報告を貰いました。親戚の結婚式は何度か出席したことがあるのですが、友人からもう報告を受けるとは思ってもみませんでした。
結婚といえば真っ先に考えられるのはチャペルやドレスだと思うのですが婚礼の衣装を時折街角で見かける度に、その精巧さについ息を飲んでしまいます。
そこで今回は結婚の報告を貰ったこともあり、婚礼に関わる企業について調べてみました。

株式会社クラウディアは、婚礼衣装の貸衣装業者等への販売が主力になっています。
結婚式場の運営等も行っており、ハワイを始めとする海外での挙式サービスも行っているそうです。
結婚と海外と聞くと真っ先に思い浮かぶのがハネムーンなのですが、海外での挙式はそのまま新婚旅行ができてよさそうだなぁと思いました。

ディズニーキャラクターとコラボしてウエディングドレスも制作しており、カラフルなウエディングドレスがとても綺麗でした。
ウエディングドレスといえば白!という印象がとても強いのですが、並べてみてみると案外白以外の色もしっくりきます。
せっかくの晴れの日ですし、新婦が最も輝ける衣装が一番なのかもしれません。

映像

| 小ネタ! |

今週は電子部品業界を取り上げようと思っておりましたが、昨日アルプス電気株式会社がキースイッチを製造していたことに感動したので、知らない業界ではなく知りたい業界を調べてみようと思います。

最近、モニタ一枚では少し足りない、というかいちいちウィンドウの切り替えをするのが億劫に感じてきました。色々調べているうちに無駄に多くのアプリを起動し、必要に応じて切り替え・・・を繰り返していると徐々に嫌になってきます。

でっかいモニタかマルチモニタか、と悩ましいところです。自宅用にでっかいモニタ買ったら解決しますね。いくらくらいするんでしょう・・

ということで本日はEIZO株式会社を取り上げます。

EIZO株式会社は、モニターの製造・販売を行っている企業です。消費者視点、というかPC用モニタを販売しているメーカー、と思い込んでいたので、PCモニタ以外を取り扱っているかもしれないに気づきませんでした。

ホームページの製品情報を見てみると、ぱっと見「色々モニタの種類あるんだなぁ~」程度の感想なんですが、よくよく見てみると「手術室向け」だの「航空管制市場向け」だのと意外な用途に向けたモニタを製造していました。ソリューションを見てみるとさらに謎の「船舶」項目が現れます。

言われてみれば、色々なところで・・・というかあらゆるところでモニタが使われていることに気づきました。

幅広く!!

| 小ネタ! |

みなさんこんにちは

本日は株式会社ADEKAについて紹介しようと思います。
株式会社ADEKAは、化学品と食品の二つの事業を主軸にその他3事業を行い、多岐にわたる製品の開発を行っています。
化学品事業では、プラスチック製品用の添加剤や、半導体材料、機能性樹脂など、幅広い製品を開発しており、
食品事業では、マーガリンやショートニングオイルなどの加工樹脂をはじめ、
ホイップクリームやマヨネーズなどの様々な加工製品の製造販売も行っているようです。
ADEKAは、これまで培ってきた油脂結晶調整技術、乳化技術、風味調整技術の技術の高さを生かして、
加工樹脂をはじめとして幅広い分野の加工製品を製造しています。
使用用途が多岐にわたる加工樹脂や、クリームなどは、現代の日本の食文化においてはなくてはならない存在です。
製品のラインナップを見ても、主に業務用の製品の販売が主なようで、
私たちの目に触れてないだけで、日本中で使用されているのではないでしょうか。

Innovator in Electronics

| 小ネタ! |

こんにちは。

本日は、株式会社村田製作所についてご紹介させていただきます。

先週末は台風が来て大変でした。休日なこともあったので通勤には支障はなかったのですが、食料を買いに10分ほど外出しただけで全身がびしょぬれになるほどの大荒れでした。こういった災害が起きると私はまず道路状況が気になってみてしまいます。通勤するにしても駅までの道のりや駅からオフィスまでの道路状況は基本的にその場に行かないとわからないことが多いので、その場で判断を決めないといけないのがすごく億劫です。

株式会社村田製作所は7月末、あらゆる走行環境下での路面状況や、道路が老朽化している状態などを「見える化」することができる路面検知システムの開発を発表しました。こちらは路面保全や自動運転の用途に向けたもので、トラックや一般車両に搭載し、振動などのさまざまなデータを走行中に収集、入手した膨大なデータをクラウド側のコンピュータに送信し地図上で降雪や凍結に、水たまりなどによる影響が懸念される危険箇所を「見える化」(反映)するものであります。こちらは道路保全の効率化や維持管理のコストダウンが見込まれるだけではなく、交通事故の削減につながるとみられてもいます。

村田製作所は電子部品の大手メーカーです。積層セラミックコンデンサー、SAW(弾性表面波)フィルター、通信モジュール、EMI(電磁妨害)フィルター、ショックセンサーなどでは世界シェアトップであり、特にスマートフォン向け部品を中心に大きなシェアを獲得しており、iphoneの基盤を生産していることでも有名です。

基本的には、車両の情報をカーナビなどに反映されるのだと思われますが、歩道にも対応してもらえるとより交通事故の削減にもなる素晴らしいシステムだと感じました。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031