優しいRemedy

| 小ネタ! |

皆さん、一時期ノーベル賞を取ったことで話題になったiPS細胞を覚えていますでしょうか。当時中学生だった私は、病気や怪我などで失われた機能を取り戻すことができるようになるとニュースで報道していたことを鮮明に覚えています。

さて、今回紹介するのはiPS細胞を使った世界初の心筋細胞シートを開発しているクオリプス株式会社です。こちらの会社は、前述したiPS細胞を使った心筋細胞シートを始め、様々な細胞製品の研究開発・製造を通じて医学・医療の発展に貢献しています。心筋細胞シートとは、心筋シート術に使用される自身の細胞を採取・培養した細胞シートです。このシートを心臓の表面に貼り付けることで、細胞からたくさんの生理活性物質が分泌される結果、新しい血管が生まれたり、心筋の繊維化を抑えたりすると考えられており、心機能の改善や心不全による症状の改善が見込まれています。また、自身の細胞が元となっているため、手術後の拒絶反応のリスクが低いそうです。

そんな心筋細胞シートですが、5月29日にヒトiPS細胞由来の心筋細胞シートを国立大学法人大阪大学の拡張型心疾患の医師主導治験に一例目として初めて提供されたそうです。拡張型心疾患症は、心臓の筋肉がとても薄くなり拡張して収縮力が低下する病気で、心臓移植以外に完治しないとされる難病であるため、期待が高まっています。

医療が発達して昔治らなかった病気が治る時代になってきました。少しでも長生きできるようにと汗水をたらし現代医療の進歩に貢献してくださった方々の思いを噛みしめて、自分の人生という大きなデザインを作り上げていきたいですね。

私の趣味の一つにプラモデル制作があります。最近のプラモデルは色分け技術が非常に高いですが、私が最初に組んだのはパーツをほぼ全て塗装する必要のある自動車のプラモデルでした。その際に、むしろ色を塗ってはいけない場所に対する措置としてマスキングテープを貼るという技術を学び、テープには物を貼り付ける以外の役割が存在することを知りました。プラモデル趣味のような個人レベルの用途では文房具メーカーが製造している粘着テープで事足りることも多いですが、一つの製品を製造するような段階で接着工程が必要な場合、粘着テープに対して物を貼り付ける以外の多くの付加価値を提供し続けている専門的な企業があります。

今回紹介する日東電工株式会社は、一般ユーザが日常的に利用し得るテープから、精密機械の製造などに用いられる粘着テープまで幅広い技術を持つ企業です。私たちが手に入れられる製品としては、養生テープやマスキングテープを製造しており、皆さんも見たことがあるかもしれません。目に見えない部分に関わってくる製品としては、半導体製造に使用される粘着テープや、電気・電子部品用に使用されるテープの製造及び技術開発も行っています。製造工程における異物除去用としてや、モータ等における耐熱絶縁目的として粘着テープが利用されているとのことです。また日東電工株式会社は多孔質フィルムやマスク用の不織布など、薄さを活かした製品を多数生み出しているようです。

実はもともと粘着テープのメーカーであること自体は知っていましたが、想像以上に見えない場所に利用されていた事実や、粘着テープに限らない技術の多様さに驚かされました。次にプラモデルの塗装をするような場合には是非とも日東電工のマスキングテープを使ってみようと思います。

少し前になりますが飲食店での迷惑行為、いわゆるフードテロが話題になりましたね。あの一件があってから回転寿司店内の構造がかなり変化しました。仕切りが増えたり、醤油が小分けになったり…。常識って簡単に変わってしまうんだなと驚かされた出来事でした。

今回は「ダイワ通信株式会社」をご紹介します。こちらの会社では、AI技術を活用した行動検知、顔認証システムやそれを応用した様々なシステムを開発しています。先ほど述べたフードテロ事件の後に開発された迷惑行為検知AIシステムの「NO! FOOD TERO」は、AIに迷惑行為のパターンを学習させることで防犯カメラに映った空き皿をレーンに戻すなどの行為を検知し、お店側のコストを抑えながら迷惑行為の監視をすることが出来るシステムなんだそうです。また、防犯カメラとAIの組み合わせによる滞在時間把握や年齢、性別の分析など、マーケティング面でも活躍が期待できるシステムになっています。犯罪を減らせてデータも集められる、お店にとってはいいことづくしなシステムですね。

AIは凶悪犯罪に利用されることもあって悪いイメージを持たれがちな印象ですが、正しい使われ方をして、私たち人間と良い形で共存できる社会になっていってほしいですね。いろいろ書いてたら回転寿司に行きたくなってきました。

皆さんは真空を用いた技術は何が思い浮かびますか?私は真空パックとか真空フリーズドライとかですかね。食べ物に関する技術ばかり思い浮かぶのでなんだかおなかがすいてきました。

さて、今日ご紹介するのはそんな真空を用いた技術に秀でた株式会社昭和真空です。

株式会社昭和真空は、真空中で特定の基板に薄膜を形成させる装置を主とした真空蒸着装置やスパッタリング装置等の真空技術応用装置(真空装置)を製造販売しています。他にも水晶デバイス装置や電子関連装置、光学装置などを製造しているそうです。

具体的にはスマートフォンなどのカメラモジュールに用いられる反射防止膜やジャイロセンサー、タッチパネルに用いられる透明導電膜などとても身近な製品の部品を製造していることがわかります。

真空技術というと私は冒頭で述べた食品関係の技術が思い浮かびましたが、他にも様々な技術の結晶が身近に使われていることがわかります。これからも株式会社昭和真空の技術によって世の中が便利になっていくことを楽しみにしています。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930