» 2019 » 4月 » 5のブログ記事

異業種タッグ

| 小ネタ! |

こんにちは。

地味に楽しみにしている映画があります。
五十嵐大介が原作漫画を手掛けている、「海獣の子供」です。

「海獣の子供」公式サイト
https://www.kaijunokodomo.com/

原作漫画がとても好きで、作者五十嵐大介の画集を買ったり、個展にも足を運ぶほどです。
とてもとても期待しているのですが、昨今の映画化や実写化の流れで、あまり出来が良くなかったらどうしよう、、と若干不安でもあります。

本日はSBIホールディングス株式会社についてご紹介します。
SBIホールディングス株式会社はファンド運営事業を中心とする「アセットマネジメント事業」、証券業務を主とする「ブローカレッジ&インベストメントバンキング事業」、様々な金融関連サービスを提供する「ファイナンシャル・サービス事業」など、投資・金融を中心に様々な事業を行っています。

実はSBIホールディングス株式会社、なんと映画「海獣の子供」を手掛けるSTUDIO 4℃と業務提携をしており、「Cyber MEGACITY – 東京0区」という金融ベンチャー企業を立ちあげているそうです。
まさかアニメ制作会社とバリバリ金融系の企業がタッグを組んでいるとは思いませんでした。

こんにちは。

子供の頃は世界が狭いといいますか、自分の周囲にあるものは全世界の人々が知っていて当然だと思っていました。
地元のスーパーマーケットの名前を、引っ越した先の人間が誰も知らなかったことにとてつもない衝撃を受けたことを覚えています。

というわけで今日は株式会社マミーマートを紹介したいと思います。
マミーマートは、スーパーマーケット事業を主な事業内容とする企業です。食品スーパーマーケットの「マミーマート」、「生鮮市場TOP」、「BigHouse」を運営しています。
最近はまた状況が違いますが、私が子供の頃は、地元で何か食品を買いに行くといえばマミーマート以外に選択肢はありませんでした。そもそも選択肢が複数存在しうる状況が想像の外でした。
逆に言えばマミーマートにさえ辿り着けば大抵の場合は何とかなるということです。
コンビニが近隣に出現するまではちょっとした買い出しにも自転車でマミーマートに通っていました。今では考えられませんね。

しかし子供の頃の記憶というのは鮮明なものです。マミーマートに通っていた記憶は思い出せますが、大学時代を過ごした大阪で食品を買っていた店の名前は思い出せません。特定の場所である店が潰れては別の店が始まるのを繰り返していたのが原因ではありますが。
そう思うとマミーマートはすごいですね。地元民の胃袋をしっかり掴んでいるということでしょう。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930