» 2018 » 6月 » 22のブログ記事

VRで野球体験

| 小ネタ! |

本当は美津濃株式会社について紹介させていただきます。
ミズノは20日、大阪市中心部に旗艦店「ミズノオオサカ茶屋町」を開業します。仮想現実(VR)を活用した野球のスイングやランニングフォーム診断、ヨガなど様々な体験ができます。スポーツを日常に取り入れたアパレルも充実させた。競技分野の深掘りと、スポーツの裾野拡大の両方を狙っていて、強みを持つ野球ではVR用ゴーグルを着け、グリップにセンサーが付いたバットを振ると、スイング速度や軌道が分析できます。ランニングでは、有料のフォーム診断で体の負荷や姿勢のクセを知り、それに合ったシューズを選ぶことができます。
最近では、ゲームなど色々用途でVRが使われています。ミズノで体験できる、野球のVR用ゴーグルは個人的にも、
野球少年や高校球児の為にも早く、一般的にも広まって欲しいと思いました。
特に、雪国に住んでいる人は、冬場は実践練習ができなくなり、やることが限られてくるので、VR用ゴーグルが手に入ることができると画期的な練習ができると思いました。野球のVR用ゴーグルは野球をプレーしたことのない人でも、楽しめそうなので野球を好きになるきっかけににもなって欲しです。

ゴミ箱

| 小ネタ! |

こんにちは!

なんだか最近部屋が汚いなぁと思い始めました。私2月に千葉から江東区のほうに上京してきたのですが、引っ越してきた当初は毎日のようにクイックルワイパーをかけ、洗濯はこまめに行い、部屋が汚くなることを恐れて必要なものなのかどうかを熟考してから買い物をしていました。(全然関係ないのですが熟考ってじゅっこうと読むんですね・・ずっとじゅくこうと呼んでいました。)

それがいつの間にやら週に一回ゴミをまとめればよい方、洗濯物はなるべくためてから、欲しいものは買えるときに買うという真逆の生活になってしましました。小さいころから母に「ごみはごみ箱」といわれ続けて育ったにも関わらず、ごみは置けるところに置いて後で後悔します。

ということで今日は「どうしたら僕はごみをごみ箱に捨てるようになるのか」をテーマに、オフィス関連商品を取り扱うアスクル株式会社のごみ箱を中心に考えていきたいと思います。

アスクルのごみ箱のページを探してみると、ゴミ箱/ダストボックス/ペールショップのページを見つけました。ペールショップとは何ぞやと思いきやよく外に置いてあるような大きいゴミ箱のことをペールショップというそうです。黒いビニール袋が似合います。

家庭用~屋外用まで様々取りそろえるなかで、個人的に気になるのは業務用ごみ箱です。コンビニやスーパーに置いてあるような大きいサイズのものです。「これ・・売ってるんだ・・・」というのが素直な感想です。

僕が購入したゴミ箱はスリム型なのですが、若干雑な性格の影響か何度も倒れます。というか倒してしまいます。

スリム型にしたのは部屋で余計なスペースを取らないように& 設置可能な場所を増やすためだったのですが、スリムすぎてもはやごみを捨てるときに見当たりません。

引っ越してきた当初はこれで満足していましたが、今となってはむしろ大きいゴミ箱を買ってしまえば、その存在感の強さからゴミを入れたくなるのではないか、そう思います。

いずれはもう少し広い部屋に引っ越して大きいゴミ箱を買ってみたいです。

こんにちは!本日のブログでは、食品、食器から今度はキッチンに目を向けてみました。
社会人になって何となくで料理をし始めるようになったのですが、炒めるにしろ茹でるにしろ高確率でお世話になる「ガスコンロ」。そんなガスコンロを作っているガス器具の大手「リンナイ株式会社」について本日はご紹介致します。

リンナイ株式会社は給湯器、ガスレンジなどのガス器具の大手です。
社名の由来は創設者の林兼吉と内藤秀次郎から一文字ずつとったもので、元々は「ナイリン」だったのですが語呂が良くなかったので現在の「リンナイ」になったそうです。
本日のタイトルになっている「暮らしにいい感じ、はじまる。」は、リンナイのキャッチフレーズです。暮らしに欠かせない料理から始めていくというキャッチフレーズは、これからの暮らしをより良くしよう!という雰囲気が伝わって良いですね。

調理器具だけではなく、暖房や給湯器、浴室テレビなども取り扱っているようです。その中でも私は今回「ビルトインガスコンロ」に関心を抱きました。
DELICIA(デリシア)シリーズのシンプルかつすっきりとしたフラットなデザインがとてもオシャレで好きです。
ベベルカットガラストップには「アローズホワイト」「アローズシルバー」「ホワイトドットゴールド」「クリスタルブラック」「ナイトブラック」の5種類があります。
特に高級感のある黒2種類の色味が艶やかでとても綺麗でした。
こんな綺麗な厨房で調理してみたい気持ちはあるのですが、それに見合うスキルが欲しいところです……。

みなさんこんにちは

世界中で地図になにかしらの方向性を持たせた情報を付加した空間情報はなくてはならないものになっています。
例えば、降水量などを付加した空間情報は天気予報などでよくみなさん目にすると思いますし、様々な企業が提供している地図アプリは、どこになにがあるのか以上の情報を提供してくれると思います。
さて、本日紹介する株式会社パスコは計測、測量に関する最大手の企業ですが、そんな様々な情報を計測、測量して地図などに付与することによってどこに何があるかというよりも、特定の業務などで非常に力を発揮しやすい、何がどこにあるのかといった情報サービスの提供もしている企業です。
たとえば、民間企業に対しては物流拠点の情報や、エリアマーケティングの効率化ができるような各種地域情報などを提供しているようです。
自治体や官庁といった行政関係にはその強力な計測、測量に関する技術で様々な情報を測っているようです。
こういったサービスがこれから発達していくことで、業務効率がどんどん上がっていくと考えるとこれらの技術の発展が非常に楽しみです。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930