» 2012 » 7月 » 5のブログ記事

こんにちは、aicoです。

今日はとても暑かったですね!
ぬる暑いといいますか…歩いているだけで汗が出て大変でした〜

さて、今日は株式会社ニフコを紹介します。

ニフコは工業用ファスナーなどのエンジニアリングプラスチック製品の製造・販売を行っている上場企業です。

ファスナーというと、洋服のスカートやズボンに使われている
開け閉めするジッパーやチャックとも呼ばれるあのファスナーを思い浮かべますが、
ファスナー(fastener)はもともと、英語で「しっかり留めるもの」という意味。

工業分野では、ボルトやネジの代わりに
自動車などの工業製品の各パーツを繋ぎあわせる留め具のことをいいます。

工業用ファスナーは種類が様々ありますが、チャックのような形ではなくネジのような形をしています。

金属製のボルトやネジと違って、プラスチックの工業用ファスナーは錆びる事はなく
ワンタッチで留められる事から作業が簡単で、作業中パーツに傷をつける事もありません。
また、金属に比べて7分の1程度と圧倒的に軽いため自動車をより軽くする事が出来ます。

このような製造ラインの効率化や車体の軽量化によってニフコの工業用ファスナーは国内シェア70%。
自動車では、メーカーに関わらずニフコの留め具が1台当たりなんと約600個も使われているんですよ。

では、また明日♪

こんにちは!hikaru です。

皆さん、しょうゆは好きですか?
僕は新タマネギに鰹節としょうゆをかけて食べるのが大好きです。
弊社にはネギ・タマネギ嫌いが多く、賛同を得られないのですが。笑

さて、しょうゆを作っている上場企業といえば、
みなさんご存知キッコーマン株式会社
8 月に、「いつでも新鮮」という生しょうゆのシリーズに、
密封ボトルの新製品を出すそうですよ。

生しょうゆは、加熱処理をしないので、酵母や乳酸菌が死なず、
口当たりがまろやかで、うまみが強いのが特徴です。

ただ賞味期限は短く、未開封の状態で普通のしょうゆが 2-3 年は持つのに対し、
生しょうゆは半年ほど。
開けてしまったらもっと早くいたんでしまうでしょう。

キッコーマンは以前から、いつでも新鮮シリーズで密封容器の
生しょうゆを発売していましたが、いくら密封容器でも
使えばどうしても空気が入って痛んでしまうので、
これまでは 200ml のものしかありませんでした。

今回の密封ボトルは、ボトルの内側に袋が入った二重構造になっており、
醤油を使っても、空気が入らないようになっているようです。
中の袋だけが縮んでいくような仕組みでしょうか。
容量も 450ml のものだそうです。

これで、いつでも新鮮な生しょうゆが楽しめたらいいですね。
発売したら買ってみよ。

それではまたー。

こんにちは。

今日は静岡県静岡市に本社を置く、不動産事業、環境事業を行う
ヨシコン株式会社について。
私、静岡出身なもので、静岡の企業を見つけるとちょっと気分が
上がります^^

ヨシコン株式会社はもともとコンクリート二次製品の
販売をする会社で、創業者が吉田さんという方だったのでヨシコンと
いう社名にしたのではないかと思うのですが(ちなみにコンクリート二次製品とは、
コンクリートを整形して作った製品のことで、マンホールや側溝などの
ことです)、需要が減少してきたので近年は不動産事業と環境事業の
2本柱になっているそうです。
環境事業というのはちなみに、コンクリート製品がメインです。

例えば「マイコマ」というコンクリートでできたコマのようなもの。
参考画像はこちら
これは住宅の基礎になるもので、これを使えば極めて軟弱な地盤にも建物を
建てられる製品とか、最近流行の「緑化ブロック」なども販売しています。

静岡県コンクリート製品のリーディングカンパニーということで、
コンクリート二次製品が下火になっても、マンションを作るとか、今必要な
コンクリート製品を作るなど、事業を発展させていっているところが
素晴らしいなと思います。静岡出身者としてはうれしい限りです。

それでは今日はこのへんで~

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2012年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031