建物の外壁にはサイディングやモルタルなど様々な種類があります。

それぞれに長所、短所があるので建物の目的や状況で選択されるものが変わりますが、私はタイル外壁が好みです。

タイル外壁は初期費用が高額である短所がありますが、ランニングコストがあまりかからない利点があります。何よりおしゃれなのが良い点でもありますね。

そこで今回はタイルの卸売販売・タイル外壁の施工をなどを手掛ける株式会社アイナボホールディングスを紹介いたします。

アイナボホールディングスは連結子会社6社、非連結子会社3社でAINAVOグループを形成している持株会社です。

建材の販売と工事の他にも、住宅設備の販売と工事も行っており建物の工事に手広く対応できる姿勢を取っています。

工事では業界首位の実力があり、リフォーム需要などから国内では堅調に利益を上げています。

しかし、日本では今後人口減少により住宅関連の市場は縮小すると予想されています。

国内市場が縮小するならば将来的には海外での勝負になりそうですが、その点も抜かりがなく、既にベトナムでも事業を展開しているそうです。

企業の海外進出は足がかりがないと、最初の一歩が難しいと聞いたことがあります。現時点で海外拠点があることは今後の方針にも大きく関わってくるのではないでしょうか。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031