こんにちは。

今日のネタ探しでは、電通・キリンホールディングス・パーソルキャリアなど10社が共同で、個人情報に対価を支払う「情報銀行」で、1万人以上が参加する大規模実験を実施する、という記事を見かけました。消費者自身が個人情報の提供をコントロールしながら、新しいサービスを受けられる仕組みを作るための試みのようです。
スマホアプリを通じて、旅行の日程や数日間の食事内容など、企業側が提供してほしいデータの依頼が表示されます。消費者はデータの利用目的や提供時に付与される、Amazonギフト券やLINE Pay、楽天Payのポイントと交換可能なポイントの量を確認した上で、提供の可否を判断します。今回参加する10社による協同研究会が設立されており、個人データの新商品開発への活用方法の検証や、複数企業が連携してのデータ提供依頼の効果を調査するそうです。

というわけで、今日はビッグデータ関連銘柄のひとつである、株式会社CDGを紹介したいと思います。
株式会社CDGは、企業の販促グッズの企画・製造・販売、マーケティング支援などを行っている企業です。顧客企業が販売活動として行うセールスプロモーション活動の中で使用する、フィギュア模型に代表される企業キャラクター・ポケットティッシュ・文具などのセールスプロモーショングッズの企画及び販売を主なビジネスとして行っています。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031