こんにちは。

今日のネタ探しでは、Facebookが新たな仮想通貨「リブラ」のサービス提供を開始する、という記事を見かけました。27億人のユーザが潜在的な顧客基盤となり、決済手段として普及する可能性があります。

2020年の開始を予定しており、Facebookのアプリ「Facebook Messenger」や「WhatsApp」などを介して、ドルや円をリブラに変換し、利用者間で送金して買い物の決済に利用できます。従来の仮想通貨は利用場所が限られており、投機対象としてはともかく決済手段としての普及は難しいとされていましたが、リブラは対応サービスとしてUberやSpotifyが既に決定しており、MastercardやPaypalとの決済上の連携も含めて、運用開始時には100以上の企業・団体が加わる見通しです。新興国に多いとされる銀行口座すら持たないFacebookユーザを利用者として有望視しており、利用の手軽さや手数料の安価さで顧客獲得を目指しています。
代表的な仮想通貨であるBitcoinとの最大の違いは、価格の安定性にあるそうです。米ドルやユーロ、円などの預金や国債を裏付けにし、価格の乱高下を起こしにくくしています。流通量の増えるマイニングのような仕組みはなく、法定通貨が交換されることで初めて増加するようになっているそうです。

というわけで、今日は仮想通貨関連銘柄のひとつである、株式会社やまねメディカルを紹介したいと思います。
株式会社やまねメディカルは、主に福祉サービスの提供を行っている企業です。介護サービス基盤の不足する首都圏を中心に直営のデイサービスセンターを展開し成果を上げ、その後総合ケアセンターを全国に展開して業容を拡大しています。最近では、仮想通貨発行を伴う新事業をスタートさせ、成長第3ステージの主力事業に位置づけ、総合ケアセンターを仮想通貨事業展開のためのプラットフォームとして活用すると発表し、話題となりました。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930