こんにちは。

今日のネタ探しでは、アップルとクアルコムが、特許をめぐる知的財産紛争で全面和解したという記事を見つけました。2020年の新型iPhone向けに搭載する、次世代通信規格5G対応の通信半導体を供給してもらうための和解のようです。
この発表の直後にインテルが5Gモデム事業から撤退することを発表しているのですが、これに関しては記事が2種類あるのが面白いです。1つは発表通りで、インテルの撤退は収益性が見込めないからであり、その根拠としてアップル・クアルコムの和解を挙げているもの。もう1つは、そもそもインテルの5Gモデム開発が難航しており、アップルは5Gモデム調達の選択肢が他になかったためにクアルコムと和解したというもの。こうして並べて書いてみると、どちらも同じことを語っているというか、同時に成立しうる説明な気もします。
自分はミーハーなので、Intel Skylake i7-6700K -> AMD Ryzen 2700Xと自作PCのCPUを変更してきました。最近のAMDの攻勢は、Ryzenが優れたアーキテクチャであるからで、AMDの企業努力によるものが大きいと考えているのですが、世の中ではIntelにまずい部分があることが大きいと思われている気がします。これも同時に成立する説明ではあるものの、どちらに比重を置くかというのは、まあ難しいところです。

というわけで、今日はアップルインターナショナル株式会社を紹介したいと思います。
アップルインターナショナル株式会社は、中古車の買取と販売を行っている企業です。車買取・車査定の専門店「アップル」を展開しています。
iPhone6発売時には、何故か株価が上昇したらしいです。不思議ですね。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031