こんにちは

今朝のニュースを見ていて、すごくいいなーと思った記事を紹介します。

佐川急便が、今後2年間配送のお仕事として主婦1万人を雇用するそうです。

ネット通販の拡大によって佐川宅急便の取引個数は過去10年で3割も増えましたが、
物流業界では人手不足が深刻化しています。

そこで注目したのが普段は育児、家事を行っている主婦の方です。
佐川急便は配送網をより細かく分業し、ひとりひとりの主婦の都合にあった配送時間、配送方法を工夫することで主婦の方を戦力として取り込もうとしています。

具体的はに佐川急便のセールスドライバーが主婦パートの自宅に配達する荷物を届け、家事、子育ての空いた時間に1日当たり30個程度配るそうです。また荷物も自宅周辺の配達、そして軽量でかさばらない荷物を対象にすることで主婦の負担も減らす工夫も考えられています。

今年の中元、歳暮シーズンなどの繁忙期より応援要因として主婦の活躍に期待されているようです。

楽天、アマゾンがどんどん成長していく一方で、負担が大きくなっていった物流業界ですが、今回主婦を取り込むことで、物流業界の負担も軽減され、さらに家庭にはお金も入る。

すごく良いアイディアだなと思いました。

また佐川急便は非上場の大企業として過去に記事がありました。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930