» 2021 » 6月のブログ記事

もうすぐお中元の季節が始まりますね。
お世話になった方々に何か贈ろうと思っているのですが、選択肢がありすぎてなかなか決められません。
できるだけ喜んでもらえて、外れのないものを選びたいものです。

お中元といえば夏が旬のメロンが人気ですが、なかでもアンデスメロンは品質が安定している品種として有名なようです。
アンデスメロンの「アンデス」は「安心です」に由来するとのことで、名前からも品質への自信がうかがえますね。
農家にとっても育てやすく、しかもおいしいという性質はまさに理想といえます。
この品種を作出したのは株式会社サカタのタネという企業です。
100年以上の歴史を持つ種苗会社の老舗で、種苗業界の売り上げでは日本トップ、世界でも7位と存在感のある企業です。
耕地面積が狭く、気候変化のある日本という土地柄を生かして多様な品種を作り出しており、なんと170か国以上でサカタのタネの種が販売されているようです。
その国の人々にとって喜ばれやすい味、見た目になるように育種されているそうで、様々な国で受け入れられているのもうなずけますね。

記事を書いていたらお中元はアンデスメロンで間違いない気がしてきました。
きっと喜んでもらえるはず…!

憩いの時が恋しい

| 小ネタ! |

あまり頻繁にタバコを吸うことはありませんが、美味しいお酒が手に入ったときや、

友人も喫煙者だったりするときは、煙を楽しんだりします。

このご時世だと、そんなことができる機会もめっきりなくなって、禁煙状態です(笑)

そんなわけで本日は、日本たばこ産業株式会社について書きます。

日本で販売されているたばこは、よく見る紙巻きたばこや電子タバコのほかに、

キセルやパイプ、手巻きの葉っぱ、葉巻…など非常に多くの種類があります。

といっても、コンビニでは前者2つぐらいしかみかけませんね…。

国内産のたばこ葉は必ずこの会社が買い取らねばならず、また、独占的にタバコを製造できる権利を持っています。

国内におけるたばこ市場の60%を占めているのはこれが強みになっています。

たまの憩いのひとときを楽しめる世の中に戻れたらな、と思います。

高性能なフィルム

| 小ネタ! |

こんにちは。

今回はMICS化学株式会社を紹介したいと思います。

この会社は高性能チューブフィルムの先駆者として、製品の開発、生産及び販売を行っています。

高性能なチューブフィルムというのはこの会社の製品である、多層チューブフィルムのことです。

ナイロンやポリエチレンなど、複数の樹脂を組み合わせた複合フィルムになっていて、1フィルムごとに耐熱性を強くしたり、防湿性を強くしたりしてそれらを組み合わせることで多機能な1フィルムに仕上がるため高性能なんだそうです。

この多層チューブフィルムは食品用や産業用、医療分野の製品の包装にまで利用されているようでいろんな可能性が感じられますね。

普段商品を購入するときに包装しているフィルムに気を配ることは全くありませんが、中の商品の状態を保つためにしっかり工夫されているんですね。これは包装にも感謝しなければいけませんね。

 

 

先日、列車が遅延したために出勤に遅れてしまいました。上京してはじめて振り替え輸送というものを利用しましたが、なかなか難しいです。遅延がない鉄道、ないのかな~と思って調べてみると、1週間当たりの遅延発生回数が0.25回というおどろきの鉄道会社がありました。本日は、そんな京浜急行電鉄株式会社についてお話しします。

遅延が少ない秘訣は、手作業の運航による臨機応変な対応です。仮に事故が起きてしまったとしても、その次の駅に待機車両が乗り入れるようにするなどして、ダイヤの乱れを抑えるそうです。(足止めをされてしまった人は、振り替え輸送を利用するしかありませんが…)。どんな事故が起きようとも、被害を最小限に抑えるように連絡網が整備されるなど、様々な工夫がなされています。

このアクシデントに強いシステムや体制は、社会人になりたての私としても参考にするべきことが多いなと感じました。まずは京急の路線沿いに引っ越して遅刻のリスクを減らしましょうか…。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2021年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930