驚異の安定性、ここにあり

| 小ネタ! |

先日、列車が遅延したために出勤に遅れてしまいました。上京してはじめて振り替え輸送というものを利用しましたが、なかなか難しいです。遅延がない鉄道、ないのかな~と思って調べてみると、1週間当たりの遅延発生回数が0.25回というおどろきの鉄道会社がありました。本日は、そんな京浜急行電鉄株式会社についてお話しします。

遅延が少ない秘訣は、手作業の運航による臨機応変な対応です。仮に事故が起きてしまったとしても、その次の駅に待機車両が乗り入れるようにするなどして、ダイヤの乱れを抑えるそうです。(足止めをされてしまった人は、振り替え輸送を利用するしかありませんが…)。どんな事故が起きようとも、被害を最小限に抑えるように連絡網が整備されるなど、様々な工夫がなされています。

このアクシデントに強いシステムや体制は、社会人になりたての私としても参考にするべきことが多いなと感じました。まずは京急の路線沿いに引っ越して遅刻のリスクを減らしましょうか…。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829