» 2016 » 1月 » 7のブログ記事

こんにちは。

本日は大手流通グループ「イオングループ」を統括する純粋持株会社のイオン株式会社についてご紹介します。

イオン株式会社は、2015年2月末現在グループ企業を合わせ300を超える企業で構成する大手流通グループです。
営業収益は7兆785億円となり、4年連続で営業収益日本小売業№1になりました。
また、お客様の声を反映し進化し続けるイオンのプライベートブランド「トップバリュー」の売上高は7,799億円となりました。
グループ力を発揮し、成長し続けています。

総合スーパー618店舗を持つイオン株式会社は、2016年以降不振が続く全国画一型の総合スーパーの改装を急いでいる様子です。
年50店ペースと見込まれており、地域の客が求める品揃えに合わせて売り場をつくり替える新しい業態の「イオンスタイル」を柱にしていくそうです。

イオン傘下のイオンリテール株式会社は、全国に344店舗の総合スーパーがあります。売り場は、1階が食品、2階や3階が衣料や住まい関連などといった形が典型となっています。
しかし、衣料のユニクロや家具のニトリなど専門店におされ、2階以上の客足が減り苦戦が続いていました。
このような店を、高級食材を扱ったり、子どもの服を充実させることによって地域の客層をみながら売り場に特性を持たせていくとのことです。
商品の仕入れ権限も、本部が主導する「中央集権型」から、店が決められる幅を広げた「分権型」に移し、コンビニエンスストアやドラッグストアとも差別化を図ります。

このような業態転換は2014年から始めており、すでに全国25店舗あります。売上高は改装前より1割伸びたそうです。
改装の例として、昨年12月に改装オープンした東京都大田区の「イオンスタイル御嶽山(おんたけさん)駅前」では、都心へ洋服の買い物に出やすいことから
衣料品売り場を大幅に減らし、3フロアのうち1、2階を食品売り場にしました。高価格帯のワインやビールを置き、生ハムやチーズも充実させたそうです。

私たちの身近であるイオンがどのように変わっていくのか楽しみです。

a0006_002404
こんにちは。

本日は「マヨネーズの賞味期限を延長する」というニュースをとりあげたいと思います。
キユーピー株式会社が販売するマヨネーズの一部商品の賞味期限が
10ヶ月から12ヶ月へ、文字通り延長されるそうです。
「え、賞味期限ってそんな任意に変更できるものなの?」と思いましたが、しっかりとした製造工程の見直しによって実現されるそうです。
製造工程で触れる酸素の量を減らし、内容物の配合を見直すことで2ヶ月の延長が可能となるそうです。
個人的にマヨネーズは企業によって味が違っていて、そのわずかな差で美味しさが全然変わってくると思っています。
キユーピーのマヨネーズは美味しいので、配合を変えてしまって味が変化しないか少し心配でもあります。

さて、なぜ今回賞味期限の延長を行うことにしたのかというと、
マヨネーズの廃棄量の削減・非常時の商品供給維持などの狙いがあるそうです。
農林水産省の調査では年間500万~800万トンの食品ロスが発生していると推計されており、
その削減に貢献する意図が強いようです。
キューピーは他にも、世帯数に合わせて美味しく使い切ることができる内容量に調整する取り組みも行っているそうです。
商品の品質は味などにとどまることなく、内容量の適正化による無駄の削減にも現れているのだなと思いました。

最後に、今までずっと勘違いしていたのですが
「キューピー株式会社」ではなく「キユーピー株式会社」が正しいようです…

キユーピー株式会社はいろんな発見があって面白い企業だなと思いました。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031