» 2015 » 9月 » 25のブログ記事

東京ゲームショー

| 小ネタ! |

こんにちは。

みなさんはシルバーウィークをいかがお過ごしでしたか?
私は幕張で行われた東京ゲームショーに行ってきました。

今までにも何度か行ったことはありましたが、今年はとにかく人が多くて歩くのも一苦労ということもありました。
なんと今年のゲームショーは、総来場者数が26万8446人にもなり歴代2位だったそうです。
こんなにも注目を集めた理由の一つとして、VR端末の存在が大きいと言われています。
今回のゲームショーではソニーのPlayStation VR、米Oculus VRのOculus Rift等の体験ブースがありました。

そもそもVRとは何かというと、Virtual Reality(仮想現実)の略称で、CGや音響等を用いて、あたかも現実のような人工的な空間をつくり上げる技術のことです。
VR端末はゴーグル、ヘッドセットの形をとることが多いということもあり、一人称視点のゲームなどで力を発揮しそうですね。
家にいながら海の中に潜ったり、空を飛ぶ、というようなリアルな体験ももうすぐ可能になるのでしょう。

しかし、インディーズゲームばかりを周っていた私は、いざVRを体験しようと列に並ぼうとしたところ、直前で打ち切られてせっかくの機会を逃してしまいました。
計画性って大事ですね…

小松精練株式会社

| 小ネタ! |

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK75_5syuruinorancyon20141206165130-thumb-1000xauto-18022

こんにちは。

本日は小松精練株式会社をご紹介します。

小松精練株式会社は線維加工業界に属し、主に染色加工を得意とする企業です。
設立は1943年で今年で創業から72年経ちます。本社は石川県にあるそうです。

染色加工を得意としながらも、様々な生地の製造から建材の製造なども手がけています。
生地は触り心地や機能性が様々で、各分野に適したものを製造しているそうです。
着心地が良い物、抗菌仕様のもの、速乾性のあるもの、赤外線を吸収するものなどがあるようです。
生地と一口に言っても本当に幅広いことがわかります。

また社会貢献活動にも力を入れているのも特徴です。
毎年夏に1000人以上のグループ社員とその家族で公園の清掃を行っているそうです。
企業理念の一つである「地球・社会に貢献する」に沿って行われているそうです。
こういった活動をする企業はまだまだ少ないので、今後増えてくると嬉しいですね。

三井造船株式会社

| 小ネタ! |

こんにちは。

本日は、三井造船株式会社をご紹介したいと思います。

1937年に設立され本社は東京都中央区築地にあります。
事業内容は幅が広く、船舶の製造、運送のコンテナ用のクレーンの制作、リサイクルやエネルギーの発電、IT関連の事業も行っています。様々な事業をやっているので従業員数も多く在籍しており連結で12,291人。単独で3,623人です。その人数でも少ないのかなと思ってしまうほどの事業の幅広さでこの幅広さゆえのデメリットなども抱えているのではないかと思います。

戦時中は海防艦等を、戦後は海上自衛隊の護衛艦や輸送艦なども製造し
他にもオイルタンカー、貨物運搬船など様々な種類の船を作っています。
護衛艦で値段を調べてみると、小さいもので100億円
サイズが大きく、システムもいいものだと1500億円ぐらいするようです。
値段を見てみると高い船を売っているから利益が出るかと簡単な話ではなく
26年度の純利は95億円でした。

安全保障関連法の採決が参院本会議で行われ
自民、公明両党などの賛成多数で可決・成立したしたね。
有事の際には三井造船が作った護衛艦も日本の為に動くことになるでしょう。
意識していませんでしたが、企業が製造している船が国の防衛をしているのですね。
企業の発展は様々なことに関与していると改めて感じました。

煎餅からの転身

| 小ネタ! |

 こんにちは。
皆さんはコーヒーはお好きですか?
筆者は近頃よくカフェでコーヒーを
飲むようになりました。紅茶も好きですが
気持ちを少し切り替えたいときはコーヒーの方に
軍配が上がります。
 さて、本日はカフェを運営する会社、
株式会社銀座ルノアールについてご紹介したいと思います。

◉ルノアールという会社
 ルノアールは東京都中野区に本社を置く設立
51年目の老舗企業です。社名に「銀座」と入っていますが
本社所在地は中野です。意外ですね。
ルノアールというとちょっと年齢層が高めの喫茶店という
イメージが強いかと思いますが、系列店には
NEW YORKER’S Cafeやカフェ・ミヤマなどがあり、
スタバなどのセルフカフェに近い形態で運営している
ところもあります。

◉煎餅屋からのスタート
 現在はコーヒーを中心としたドリンクメニューを
販売しているルノアールですが、元をたどってみると
花見煎餅という煎餅の会社からの独立であることが
わかります。元が煎餅屋なので、独立後もしばらくは
お茶と煎餅のセット販売がされていたそうです。
 ルノアールはコーヒーの品質も徹底していますが、
ルノアールを利用する際の決め手としては「ゆったりできる」
ことが挙げられるようです。確かにルノアールは席の間隔が
広くくつろぎやすいつくりになっていますね。これは
創業時にお金がなかったために仕方なく席の間隔を
広げて椅子を並べたことがキッカケだったそうです。
また絨毯を傷つけないために靴を脱いでもらっていた
時期もあるそうで、これらの施策がくつろぎを生み出す
元となっていたのです。

 顧客のニーズを敏感に捉え続けることで
黒字化を果たしたルノアール。お堅いイメージの喫茶店は
そのイメージとは裏腹に新戦略でもって喫茶店業界を
牽引する革新的な存在でした。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930