こんにちは。
今日は久々に日経新聞を読んだら、早稲田大学出身のワッツ社長が
大学時代に入っていたサークル「なべの会」のことを
コラムに書いていました。
なべの会は、名前の通り鍋をやりながら飲んだり語ったりする
サークルだったようなのですが(かなり意訳です・・・)
同期に、おいしいもののECサイトをやっている萩原章史さんがいる、
ということも書いてありました。
荻原氏がやっているのが「うまいものドットコム」(外部リンク)というサイト。
コンセプトは全国の逸品をお届けします、とのこと。
社長のこだわっているポイントは、万人に受ける商品ではなく、
100人のうち3人がモーレツに好きな商品を取り扱うということ。
言われてみればこのあたりに勝算がありそうですが、でもここまで割り切るのは
なかなかできることではありません。

そんな萩原氏の前職はなんとゼネコンの間組
大学を卒業して間組に就職、2年目には中国へ赴任し、商売に長けている中国人と
張り合えるようにと中国語をマスター。中国で結果をだし、その後配属されたのは
経理部。そこで有報の作成や商法監査などの業務を3年半つづけ、
その後アメリカに赴任。
アメリカでは大きな仕事を次々と受注、実績を出していったそうです。

結局アメリカに11年半。
萩原さんが39歳の2000年、会社に辞表をだし、その後も紆余曲折があったのち、
「うまいものドットコム」を開設。
それから12年もこのサイトの運営を続けています。

きっといろんな場所、いろんな仕事をゼネコンでやったことが
生きているんだろうなーと想像できますね。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930