こんにちは。今日は暑いくらいですねー!(東京)

先日、子供の通う小学校の授業参観があったのですが、
普通の公立の小学校なので、授業をiPadでするということもなく、
私がいたころとそんなに変わらないかなーという印象でしたが、
ひとつ「おっ」と思うデジタルグッズがありました。

それは日立ソリューションズの電子ホワイトボード。
インタラクティブホワイトボード StarBoard というものなんですが、
パソコンとつないで画像を出し、ホワイトボード上に書いたりできるので、
これでひらがなの書き順を説明したりできるわけですね。
ふーん便利そう、と思いながら眺めたのでした。

あとで調べてみると各社からこういうホワイトボードが出ているようなのですが、
その中でもおおっと思ったのが、内田洋行から出ている
「EVERNOTE(エバーノート)」と連携した、クラウド対応のホワイトボード。
エバーノートとは、インターネットのクラウド上に、写真や画像、テキスト、
ウェブページなどを保存して管理し、いつでもどこでもパソコンや携帯電話、
スマートフォンなどのデバイスから、ブラウザ経由でアクセスできるという
ソフトウェアのこと。

たとえば大学の講義でこれを使えば、授業中の板書だけでなく、
学生からの質問に対する回答もホワイトボードで説明して、
個人のエバーノートへ転送する、などといった高度なワザも
簡単にできてしまうのです。
わざわざプリントを配布することもなくなってきそうです。

もちろん会社での会議にもいいですよね。議事録がいらなくなるとか。

うーん便利。
いつかソフトバンクの孫さんが言っていたように、教科書を持ち歩かずiPadを
持っていれば事足りてしまう世の中になっていくのでしょうか。
私は個人的にはそれでいいような気がしていますが、教科書をそろえることに
何らかの意味があるのだとしたら(自分で準備する訓練とか?)
それも一緒に失われるのかな、と思ったり。
便利と退化は紙一重なのでしょうかねー。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031