変わり続ける老舗

| 小ネタ! |

ポテトチップスっておいしいですよね。健康に気を使っている私としては、あまり食べない方が良いのかなとも思うのですが、たまに無性に食べたくなってしまいます。一度食べ始めたらポテトチップスへ伸びる手が止まりません。まさに魔性のお菓子です。

そんなポテトチップスですが、日本で初めて量産して販売したのは株式会社湖池屋なんだそうです。コイケ君のポテトチップスというCMが懐かしいです。

湖池屋の創業は1953年、創業当初は「お好み揚げ」というおつまみ菓子を販売していました。創業者である小池和夫氏が仕事仲間と飲みに行ったお店で出会ったポテトチップスに感動し、湖池屋でも開発を始めたんだそうです。せっかく日本で作るのだから日本人になじみのある味にしようと「のり塩味」のポテトチップスが考え出され、1962年に「湖池屋ポテトチップス のり塩」が発売されました。
その後、湖池屋は1967年に日本で初めてポテトチップスの量産化に成功しました。創業者の小池氏はポテトチップスを大衆化した功績を認められ、2000年に黄綬褒章を受章しています。

そんな湖池屋ですが、どうやら近年ブランドイメージを一新しているようです。企業ロゴは「楕円・カタカナ」から「六角形・漢字」に変わり、老舗としてのイメージを全面に押し出しています。
新商品のパッケージも大きく変化しました。2017年に発売された「KOIKEYA PRIDE POTATO」のパッケージはシンプルで高級感があり、老舗としてのプライドを感じられます。
その後も通常の1.7倍の厚切りカットの「じゃがいも心地」や食塩不使用の「PRIDE POTATE 芋まるごと」など、近年の健康志向や量より質を求める消費者傾向に合わせた商品を展開しています。

会社が長くほど、これまでのやり方に固執してしまうものだと思いますが、それでは社会の変化に取り残されてしまいます。過去の成功に固執せず、変わり続ける姿勢を大切にしたいです。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031