LESS IS MORE

| 小ネタ! |

ここ数年間、散髪の際はキュービーネットホールディングス株式会社が展開する「QBハウス」を利用しています。QBハウスはいわゆる1000円カットの元祖です。1996年に1号店を出して以来、全国に店舗を増やし続け、現在ではシンガポールや香港、台湾、アメリカといった海外にも展開するグローバルブランドです。2022年6月現在、QBハウスのカット料金は1200円まで上がり、他に類似したサービスを行う店も見られるようになりましたが、私は頑なにQBハウスを利用し続けています。

私が思うQBハウスの良さは、ふとした瞬間にさっと入って十数分後には散髪が終わっている利便性です。一人当たりの散髪にかかる時間が10分程度なので予約する必要がなく、また駅やショッピングモールに多く店舗を構えているので、気づいた瞬間に気軽に入ることができます。店舗の外側についているランプが教えてくれる待ち時間を見て、少し長いなと思ったら次回に見かけたときに散髪すれば良いのです。

このような利便性の高いサービスは、徹底的に無駄を省き、効率化を進めることによって実現されています。その代表は「ヘアカットのみ」のサービスでしょう。QBハウスでは従来の理髪店で行われているような洗髪を行いません。客が自分でもできることを省き、ヘアカットに集中することで、短時間のサービスが可能になっています。他にも、予約が必要ないので予約対応を行う人が必要なく、洗髪を行わないので水道代やドライヤーの電気代がかかりません。また洗髪のための設備が必要ないので駅やショッピングモールなど出店する場所の選択肢が広がります。そしてこういった利便性の高い立地に店舗を構えることで、QBハウスの強みである「飛び込みで利用可能な短時間のサービス」の恩恵が増幅します。改めて書いてみると、それぞれの特徴がうまく嚙み合ったビジネスモデルだと思います。

「LESS IS MORE」キュービーネットホールディングス株式会社のホームページで見つけた言葉です。無駄な制度は皆を疲弊させますし、また無駄な機能とボタンばかりで使いづらいリモコンはこりごりです。無駄を省いて本当に大事なことを浮かび上がらせる姿勢は、私たちの働き方を考える上で重要になりそうな気がします。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031