近年、銀行業界のデジタル化が進み、店舗やATMが削減される一方で、通帳のない銀行口座や決済アプリなどが導入されているようです。私自身も以前から通帳レスの銀行口座を保有していますが、気軽に取引履歴の確認ができることや、通帳の管理からの解放などメリットを感じています。そんな中、キャッシュカードもレスした銀行があるらしいです。

ということで、今回は株式会社ふくおかフィナンシャルグループについて紹介します。

こちらの会社は、営業ネットワーク拡大によるサービス向上と、地域経済発展を実現するために誕生した地域金融グループです。グループ傘下には福岡銀行、熊本銀行、十八親和銀行などを持ち、地方金融機関としては国内最大規模といわれています。

さて、キャッシュカードもレスした銀行は、子会社の「みんなの銀行」という国内初のデジタルバンクです。口座開設から入出金、振り込みなど全てのサービスがスマートフォン上で完結する銀行で、ユーザーとともにみんなで新しい銀行のカタチを創造していくそうです。それに関連した取り組みとして、既にクリエイターの創作活動を支援するパートナー支店の開設や、地域のスポーツチームとファンを繋ぐCheer Boxの導入も行われているようです。

今までの銀行は、預貯金や振り込みする手段というイメージを持っていましたが、銀行のサービスを通して誰かを応援する新しい時代になりつつあるのだと感じました。これからの新しい銀行がどのように進化していくか期待したいです。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930