ビッグデータと自動車販売

| 小ネタ! |

graph

こんにちは。

本日もランダムで紹介する企業を決定したいと思います。
本日は、東京日産コンピュータシステム株式会社をご紹介します。

まずは会社の概要を見てみましょう。
東京日産コンピュータシステム株式会社の設立は1989年3月3日で、
日産東京販売ホールディングス株式会社のグループに属しています。
ITに関連した様々な製品やサービスを提供しており、
ビッグデータやクラウドなど最近のIT業界で注目されている分野もきっちり抑えているようです。
日産系のディーラー向けシステム開発も請け負っているそうです。

ビッグデータという単語はよく耳にしますが、
実際にどのようなものか知らないので少し調べてみました。
調べたところ、市販のアプリケーション等では処理できないほど大きく複雑なデータの集合のことだそうです。
さらにそのデータを元に比較や計算を行い新たな結果を得るために利用されるそうです。
ビジネスの傾向や犯罪防止についての結果も得られるそうです。
将来的には、ビッグデータを活用することによって計算できない事象はなくなるのかもしれませんね。

この企業ではビッグデータを活用して、
ビジネスの傾向等を求めているそうです。
購入確率の高い顧客の予測リストの作成や、新車購入確率を算出しているそうです。
流石、自動車販売を主軸としている日産のグループ企業なだけあります。
新車購入確率などが膨大なデータや計算から求められるとは思っていませんでした。

今回は自動車販売に関連するIT企業を取り上げました。
自動車そのものの品質も大事だとは思いますが、
ITを活用したマーケティングなどの比率もどんどん高まっているように感じました。

また明日も無作為に企業をピックアップしてみたいと思います。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930