水で世界を潤す

| 小ネタ! |

こんにちは。

 本日から6月ですね。気持ちの良い気候はすぐにみず
過ぎ去ってしまうもので、筆者はついにクーラーを使う生活が
スタートしてしまいました。これだけ暑いと水の消費量も増えますし、
梅雨入りまでは雨も少ないので水が足りない!という所も出てくる頃かと
思います。本日ご紹介する栗田工業株式会社はそんな水と環境の
トータルソリューションを実現すべく
プラントなどの設計・販売をしている会社です。

◉栗田工業という会社
 栗田工業は東京都中野区に本社を置く1949年創立の老舗企業です。
水事業というのは設備費などの関係からなかなか新規参入がしにくいのかな、と
思います。また一級建築士の事務所登録がなされていることを知りましたが、
確かにプラントなどの設備を自前で建設するならばあって当然ですね。
事業所は国内外合わせて50箇所以上あり、栗田工業の規模の大きさを
物語っています。栗田工業の企業理念は「水を究め、自然と人間が調和した
豊かな環境を創造する」です。この理念は後述するハイレベルな水の
精製技術によく表れています。

◉”水”を究める
 水を究める、とは一体どういった意味なのでしょうか。
液晶ディスプレイなどの製造の際に欠かせない超純水や、
雑菌などが混入してはならない医療用の水など、栗田工業が手がける
水は多様な分野に派生しているのですね。ちなみにこの超純粋、
純度、つまり質はものによってまちまちだそうです。栗田グループは
国内外外問わず多くの企業からの受注をうけていることから相応の
品質の高さを誇っているのだと思います。
栗田工業が手掛ける水事業の範囲は何も製造だけにとどまらないようで、
水を作り出している土壌、またその下の地下水の浄化事業にも
力を入れており、浄化そのものはもちろん、土地の汚染のリスクヘッジの
ソリューションサポートまで手掛けています。水という大きな商品が
生まれるところから、お客さんの手元に渡るまで一貫してサポート
しているところはさすが大企業、と思わされます。

 業界最大手に君臨している栗田工業株式会社。創業60年以上で
事業所50箇所以上の事業所の力を持ってすれば、水というシンプルな製品を
お客さんのニーズに合わせて作り変え、また水が生まれる環境をも
整備することができるということを知りました。アジアの水ビジネスの
市場規模は2020年には3倍に膨れ上がるとされており、
最近水事業の会社であるメタウォーター株式会社も新規上場を達成しています。
来るオリンピックに向けて、日本の高い水精製技術を強くアピールし、
現在水大国のシンガポールのように水ビジネスで世界の覇権を握る
未来を待ち望みたいと思います。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930