ペット増加社会

| 小ネタ! |

こんにちは。https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-03-GAK_nekocafenonekocyan20130921500-thumb-1000xauto-4245

お休みの日に、猫カフェに行ってきました。
ノルウェージャンフォレストキャットという、長毛で大きい種類の猫しかいない珍しいところです。
我が家はまだまだ猫が飼える環境ではないので、よく猫カフェとかペットショップを覗きに行きます。
いつか飼いたいなー、とは思うのですが、色々と考えることはありますよね。

頭を悩ます原因の一つは、医療費です。
普通に人間一人と同じくらいか、時にはそれ以上かかる場合があります。
懐に余裕がないとちょっと厳しいかも……と考えていたら、今はペット保険なんてものがあるんですね。
もしものときのために、入っていると安心かもしれません。
ペット保険を扱う会社はいくつかありますが、唯一上場しているのは「アニコムホールディングス」だけです。

子会社の「アニコム損害保険」がペットの損害保険を扱い始めたのは2008年。
ペット損害保険会社は、ここが日本初でした。随分最近なのですね。
当時は犬猫はもちろん、うさぎ・鳥・フェレットも保険の対象でしたが、
2014年以降は犬猫のみ対象になっています。

現代が少子高齢化社会なのは周知の事実だと思いますが、
加えて年々ペットが増加している傾向にあるのだそうです。
2003年には15歳未満の人口を、飼育されている犬猫の数が上回ってしまったそうで。
現代はペット社会とも言えるのかもしれません。
ペット保険の需要も、ますます拡大していくでしょうね。

犬猫飼育頭数のグラフを見ていると面白いことに、
2004年までは猫より犬の方が多かったのに、2004年に急激に猫の数が犬の数を上回っています。
この年に何があったのか気になるところです。
アニコムホールディングスのページでは2008年までのグラフしかなかったので、
最近はどうなっているのか調べてみました。
飼育頭数は、2008年より2013年の方が犬猫両方共に減少していました。
そして、犬の方が猫を僅かに上回っていましたが、今後は猫が増加する傾向にあるだろうとのことでした。
今後のペット事情が気になるところです。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31