» 2016 » 1月 » 27のブログ記事

冬にはこたつ

| 小ネタ! |

こんにちは。

最近は零下を下回ることも多く、一年で一番寒い時期がやってきましたね。
この時期になるとこたつでぬくぬくと温まりたくなってきます。
しかし、和室のある家庭は最近では少なくなっていますし、家具調こたつと言えど掃除の手間などから、
どの家庭でも見かけるというわけにはいきません。
そういえば、長らくこたつに入っていない気がします。

本日ご紹介するのはこたつ業界で国内有数のシェアを誇る株式会社山善です。
山善は1947年に機械工具商として設立されました。
現在は生産財、住設建材、家庭機器の3つを主な事業として行う専門商社です。
家電量販店では多様な製品でYAMAZENブランドを見かけることがありましたが、
こたつ業界においても高いシェアを誇っているとは驚きでした。

先に述べたように、やはり、こたつを見ることは最近は少なくなっていますよね。
しかし、山善では現代人のニーズに答えたコンパクトで手軽な
「一人用こたつ」という商品が販売されています。
一人暮らしでもこたつに入って温まりたい!という方には垂涎ものですね。

有名な企業でも思いがけない業界で有名だったりすることがあるのですね。
今後もそのような企業を調べてみたいと思います。

IFRSへの移行

| 小ネタ! |

こんにちは。

本日は、株式会社プロシップについてご紹介いたします。

連結貸借対照表と電卓で財務分析の無料イメージ

東京証券取引所は2015年9月1日、証上場会社でのIFRS(国際会計基準)採用動向をまとめた「『会計基準の選択に関する基本的な考え方』の開示内容の分析」を公表しました。IFRS適用済み、または適用予定の112社のほか、194社がIFRS適用を検討しています。検討中の企業がIFRSを採用した場合、IFRS適用企業は300社を超えることになります。

IFRS(国際会計基準)とは?
国際会計基準審議会(IASB)によって設定された会計基準の総称です。従来、会計制度は国ごとに異なるのが当然と考えられてきました。しかし資本市場のグローバル化に伴い、各国で採用している会計基準では企業活動の国際間比較が次第に困難となった結果、会計基準の国際的統一が模索されています。その中心にあるのが、IFRSです。日本では、2010年3月期からIFRSの「任意適用」が認められています。また、2013年には、政府、与党、経済界で、「任意適用」を拡大させる方針が相次いで打ち出されました。

日本ではまだまだ日本の会計基準を使用している企業が多いですが、コンバージェンスが進み、上場企業ではIFRSを取り入れる企業が増えてきました。
こうした動きを受け、正式に任意適用を表明する企業や、任意適用表明は行っていないものの、IFRS適用に向けた準備を進める企業が増加しています。

会計基準の大幅な変更にコストや手間がかかってしまうのですが、株式会社プロシップではこれまで使用していた日本の会計基準から、IFRS適応への準備ソリューションを提供なさっています。

これからますますIFRS適用の会社が増え、そう遠くなく完全適用の日が来るかもしれませんね。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031