先日、やっぱり持っていた方がいいだろうなあ、と思って
購入したのが、ブラック・フォーマルウェア。
お通夜や告別式、法事などに着られる洋服です。
今までは母に借りたり、それっぽいものを着たり、といった感じで
ごまかしごまかしやってきたのですが、そろそろそうも言っていられない
お年頃になってきたので(汗)。

買ったのは東京ソワールというアパレルメーカーのもの。
東京ソワールは女性用フォーマルウェアのトップメーカーで、
喪服として使える服の他、入学式や卒業式用のスーツ、
またお受験スーツ(子どもの受験の時に好ましいとされるスーツ)
なども販売しています。

人口が減っていき、またフォーマルに対する意識も変化がある
昨今ですが、同社は中国など海外への販路を広げたり、
また子ども向けのマナー教室を開催するなどの活動も
行っているようです。

ちなみに女性用の喪服としてふさわしいとされるのは、
正式には着物なのでしょうが、洋服でいえば
膝がでない、ひじが隠れる長さのワンピースとジャケット、という
アンサンブルなど。
そして、実際の会場では立ったり座ったりが多いのでゆったりして
動きやすいもの、などが良いとされているようです。
なんというか、今の感覚で言えば、スカート丈もやたらと長く、
ゆとりもあるのですらっと見えず、「おしゃれ」というのでは
ありません。
(最近はおしゃれとマナーを両立させようというデザイナーの
気持ちが伝わってくるものもありますが。)

でもそれほどはない喪の機会には、きちんとマナーを守った
服装で参加するのが、自分も周りも安心できて、いいのかもしれません。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930