転ばぬ先の杖

| 小ネタ! |

コロナも落ち着きを見せており、海外へ行きたい欲が高まる今日この頃。当然異文化圏に行くわけですから言語の壁のみならず様々な制度や文化の壁にぶち当たります。そしてそれを乗り越えることでなにかしらすごい成長を実感できたりできなかったりするわけですが、やはり事前に準備をしておきたいところ。

というわけで今回紹介するのは日本エマージェンシーアシスタンス株式会社です。こちらの会社は主に仕事や留学、旅行などで海外へ渡航する人々に対して、病気やケガをした際の医療機関の予約や通訳、支払代行などのサポートをする海外医療アシスタンスサービスを提供しています。言語の壁はもちろんのこと、医療機関へのかかり方や保険制度など海外で医療サービスを受けるには多くの困難がありますが、こうした壁を取り払い利用者が適切な処置を受けられるようにアシストするのが主な事業内容です。クライアントとしては海外に渡る本人ではなく、その社員やスタッフを海外に派遣している法人や、留学生を抱える学校法人、あるいは新たに医療アシスタントサービスを導入しようとしているカード会社や保険会社などが対象で、これらの企業と包括的に契約を結ぶことで、関係するエンドユーザがサービスを利用することができるという仕組みになっております。

また、現在ではその体制を活かして、日本にいる外国人に対して適切な形で日本の医療サービスを受けれるようにサポートをするサービスも行っているそうです。

国内外への出入りが加速する最中、こうしたサービスはますます大きなニーズがありそうです。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031