日本の玄関口

| 小ネタ! |

最近は流行病が収まってきたおかげか東京の街中では外国人旅行者をよく見かけます。流行前の2019年と比べると外国人旅行者数は8割程まで回復してきているようです。このまま順調に回復していきそうです。
日本の主要の空港を見ても国際線の便数や席数は回復傾向にあり、その中でも羽田空港は2019年と比べて席数・便数ともに上回っているようです。
羽田空港と聞くと日本の玄関のような大きい空港というイメージがありますね。
その羽田空港に行くと航空会社の名前を多く見かけますが、実は空港を管理している企業は別に存在することをご存じでしょうか。
その企業が「日本空港ビルデング株式会社」です。

日本空港ビルデングは羽田空港の国内・国際線の建設管理はもちろん、旅行傷害保険代理業やホテルの斡旋、免税店などの店舗の管理も行っています。
その他、成田空港や関西国際空港などでの免税店舗の管理も行っています。
日本の玄関口として絶対的な安全を保たなければならない施設を利便性や快適性、機能性も持たせながら運営していくことはとても簡単なことではないでしょう。
世界No1と言われる空港を目指しているからこそその管理を維持し続けられるのかもしれません。

自分は旅行などで空港に到着した時の「その土地に来た!」という実感がとても好きなのですが、世界中の方々が安心して羽田空港に到着し、東京に来たという実感を得られる空港を日本空港ビルデングはこれからも作り続けてくれるのではないでしょうか。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829