今回紹介するのは伊勢化学工業株式会社です。

伊勢化学工業が扱っているのはヨウ素という物質です。聞き覚えのある方が多いのではないでしょうか?そうです。あの理科の実験で出てきたヨウ素液やヨウ素でんぷん反応のヨウ素です。理科の実験で出てきたヨウ素はでんぷんを紫に染めるために使用していましたが、ヨウ素はこれ以外の使い道がたくさんあります。

主な用途としては殺虫剤、X線診断の造影剤、液晶用偏光フィルム、エアバック用繊維の安定剤、医薬品などがあげられます。とても多くの用途があるようですね。また、分野も絞られていないので安定した需要があるのではないでしょうか。

伊勢化学工業はヨウ素サプライヤーとして世界中にヨウ素を提供しています。世界で生産されているヨウ素は年間で約34000トンにも及びます。その生産のおよそ3割を日本が占めているようで、資源の少ない日本にとって貴重な地下資源になっています。ヨウ素は地下からくみ上げる「かん水」というものから製造するのですが、この際に一緒に出てくる天然ガスを分離させ、ガス事業者や工場に供給しているようです。貴重な資源を有効活用していることが分かりますね

私たちの生活を陰から伊勢化学工業のヨウ素が支えているのかもしれませんね。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829