情報の整理

| 小ネタ! |

現代では様々な情報が飛び交っており毎秒毎秒情報の交換が行われております。情報を交換する上で大切なことは情報共有の方法の統一です。例えば、企業は複数の取り引き先と情報交換をしますが1つの企業はExcel、もう1つの企業はメモ帳などでまとめたものを送られてきても比較などをするときにまずは情報の整形からしなければなりません。Excel同士でも項目の種類などが違えば同じです。情報共有する際は1つの標準化されたフォーマットがあれがより効率的に行うことができます。

今回紹介する企業はメーカー、卸売業、資材サプライヤー間のデータ交換を提供する株式会社プラネットです。

株式会社プラネットは企業理念の1つとして流通機構全体の機能強化を目指し、流通業界を構成する各企業が合理的に利用できる情報インフラストラクチャーの構築・運用を通じて業務高利化を進め、さらに国民生活の向上に貢献するという目標を掲げています。

サービスを主に3つ展開しており、まず1つ目に各企業がコンピュータを通じてデータを高精度かつ効率的に情報交換できる基幹EDIの提供かつ、それらを補完するサービスであるデータの送信・Web発注・FAX発送・販売レポートを誰でも簡単に利用できる形で提供しております。また、2つ目に流通業界のメーカーが登録した商品の文字情報・画像、OTC医薬品の添付文書・説明文書の情報を維持・管理し必要なデータを提供するサービス。3つ目にバイヤーズネットというメーカー・卸売業・小売業間で情報のやり取りを効率的に支援する、インターネット上の情報提供サービスを行っており、商品情報や業界ニュース、各社キャンペーンなどの情報を提供してます。

株式会社プラネットのサービスはフォーマットが整っておりかつ、様々な情報が一か所に集まっているため利用者にとってはかなり使いやすいものになっているのではないでしょうか。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031