つい最近まで暑いと思っていたはずなのに、いつの間にか12月です。このところめっきり寒くなりました。暖房器具が欠かせません。

私の実家では数年前までは石油ストーブを使っていたのですが、新しいエアコンを買って以来石油ストーブはしまい、エアコンで冬を越しています。最近のエアコンはパワーがありますね。ストーブの周りやこたつの中だけでなく、部屋全体が暖かくなって快適です。案外電気代もそこそこに抑えられています。

そんなエアコンに関連して、空調分野の世界売上高トップはなんと日本のダイキン工業株式会社なんだそうです。日本国内の家庭用市場だけを見ていると、いくつかある空調機器メーカーの一つという印象でしたが、海外に目を向けると話が変わってきます。海外売上比率は約8割。世界の多くの国で高いシェアを誇るグローバル企業です。

この30年間日本の経済は停滞していた言われますが、ダイキンは世界各地に拠点を構えグローバルに事業を展開することによって、成長を続けてきました。この成長の裏には、テクノロジーへの積極的な投資があります。2018年~2021年の間のAI・IoT等への投資額は5611億円、技術開発拠点への投資は380億円にのぼります。

ヨーロッパ等では二酸化炭素の実質排出量をゼロにしようという動きが進んでいます。空調機器の電力消費も大きく見直されていくことでしょう。そんな時に先頭を走り続けられるのはダイキンのような世界に目を向け、新しい技術を生み出し続けられる企業なのかもしれません。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930