こんにちは。

私は家で料理をする際、よくキノコを食材として取り入れます。好き嫌いのわかれる食材だと思いますが、私はキノコがかなり好きです。特に好きなのは舞茸。ほかのキノコに比べて味がしみこみやすいので、時短調理でもおいしく仕上がるところがお気に入りです。おしゃれなお店でマッシュルームのアヒージョとか出てきますが、舞茸のほうが美味しいです。お試しあれ。

ということで少しキノコの小難しいお話をします。キノコは菌類の一種で、日本では約300種類が食用とされており、食用に栽培されているものが十種類ちょっとあります。食用かどうかわからないけど存在が知られているものが2500種、そのうち毒キノコだとわかっているものが200種類だそうです。松茸は高級食材として知られていますが、まだ発見されていないだけでもっと美味しい新種がいるのかもしれませんね。

そこで本日は、キノコ生産で業界トップの「ホクト株式会社」をご紹介いたします。ホクト株式会社は、ブナシメジ、エリンギ、舞茸を主に生産しているほか、ブナシメジを品種改良したオリジナルのブナピーなど、研究開発も行っています。最近のリリースでは、キノコを食べることで腸内環境が改善し、肥満抑制効果があるという東北大学との共同研究結果が発表されていました。善玉菌を増加させるデータも得ているようで、キノコ食が腸内環境に与える影響に注目しているようです。

キノコは食物繊維が豊富で、腸をきれいにするという話は聞いたことがあったんですが、善玉菌まで増やすとなると、、もはやヨーグルトですね(?)

※キノコは菌類、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は細菌類です。人類と魚類くらい違います。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031