こんにちは。
本日の記事は、インターン初日の私がお送りします。

学校給食は、みなさん経験があると思います。
給食のときに配られる飲み物は、当然のように牛乳でしたね。
子どものカルシウム不足を補うためだとは思いますが、ご飯に牛乳……。
うーん、考えると謎の組み合わせではありますよね。
家で牛乳を飲まない私は最初戸惑いましたが、慣れれば水のように飲めるものです。

そんな給食にはかならず付き物の牛乳ですが、なんと無くなるかもしれない、というニュースがありました。
新潟県三条市の全30の小・中学校の学校給食から、試験的にメニューから牛乳を外す試みが行われるそうです。
もともと三条市では「食育」に力を入れているそうで、「日本人に一番合うから」と、2008年から給食の主食は完全にお米に!汁物は味噌汁に徹底!
このように完全に和食になってしまった給食に牛乳は合わないと、保護者から話があったそうで、牛乳を廃止してみようと試みるようです。

私もお米に牛乳は合うか合わないかと言われたら合わない方に賛成します。
しかし、牛乳の分の栄養はどうするのか気になりますね。
それと、毎日和食で子ども達は飽きてしまわないのか……。

前置きが長くなりましたが、今回は給食に関する上場企業である、株式会社アスモを紹介いたします。
この会社は大阪府大阪市に本社があり、主に食肉や、食肉加工品の輸入、販売を主な事業としています。
給食事業では、関東を中心に全国の福祉施設・社員食堂・病院・学校で給食(社食)の委託業務を行っています。
2013年4月に、給食事業を「株式会社アスモフードサービス」に分社化しました。
海外での給食事業も視野に入れているようです。

高校生になり、毎日お弁当食になった私は給食が食べたくて仕方なくなっていたのでした……。
給食が食べられるお店が話題になったときもありましたが、まだ行ったことがありません。
嗚呼戻りたいあの頃……などと過去に思いを馳せつつ、これにて失礼いたします。

それでは。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829