クボタの木股昌俊社長は毎日新聞のインタビューに対し、トラクターなど農機の完全自動運転について、技術的には2021年までに可能にする意向を明らかにした。農地までの往復も自動にするため、実用化には法律の整備なども必要だが、人工知能(AI)などで周囲の状況を判断できるようにして、農業の省力化を進める。
クボタは時代とともに多様化する水のニーズに敏感に対応しながら、水事業にとり組んできた。
明治20年代(1887年〜1896年)、コレラなどの伝染病対策にもクボタが活躍しており、時代のニーズに常に対応してきた会社です。今回は、都心から離れた土地での、若者の減少、農業者の高齢者化に合わせてた制作と言えます。また、どの業界でも機会の自動化は避けられなく、人が常に手を動かし作業する時代ではなくなるでしょう。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031