皆さんこんにちは!本日はイオン株式会社についてご紹介致します。
イオン株式会社は、セルフサービスによる販売方法を中心とした総合小売事業を主な事業としております。
2001年にジャスコ株式会社がイオン株式会社に社名を変更したことによってグループの呼称もイオングループからイオンに変更されました。
その後の2003年に日本国内ではじめてセルフレジを導入し、2007年には日本で初めてSuica・iDを利用できる電子マネー共用端末の導入を行いました。

イオンは6月1日に、自社のスーパーや農場と連携した食品リサイクルの取り組みを公開しました。
店舗で出た食品の残りを堆肥に加工し、これを農作物の生産に生かすという内容です。
この食品リサイクルと並んで、イオンアグリでは農産物生産の安全性に関する国際認証である「グローバルGAP」を取得しました。
農薬や水質の検査や衛生管理などを含め安全かつ品質の良い農産物を生産できる体制の強化に取り組んでいる。

近頃、様々なスーパーでセルフレジを見かけるようになりました。
イオンがセルフレジを始めたことは知っていたのですが、電子マネー共用端末の導入が国内初であることは今回初めて知りました。
また、食品リサイクルの取り組みの内容を見て食品の残りを使うという案に着実に取り組まれており、とても現実味が高く感じます。
2025年までに食品廃棄物を半減させる方針だそうなので、今後の結果がとても楽しみです!

イオン、食品リサイクル拡大 20年に全国10カ所で |日本経済新聞

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031