こんにちは。

 社会人になってから部屋に植物を置くようになりました。こめり
部屋の中に緑があるとそれだけでなんだか癒されるものですが
観葉植物とはいえ大きくなってきたら植え替えが必要になります。
筆者は植え替えといえば花屋よりもホームセンターが浮かびます。
さて、本日はそんなホームセンター事業の上場企業である
株式会社コメリを紹介いたします。

◉コメリという会社
 コメリは本社を新潟県新潟市に置いており、設立は今から
53年前の1962年です。御多分に洩れず老舗企業です。
総店舗数はなんと1169店舗、沖縄県以外のすべての県に
最低でも4店舗出店しており、東京にも8店舗ありますが
筆者は本日までその存在を知りませんでした。
コメリは地域ごとに本部を置く地区本部制を導入しています。
またH&Gと呼ばれる小型のホームセンターを郊外にチェーン展開し、
その後中心街にH&Cと呼ばれる大型の店舗を構える船団方式を採用しています。
これによりその地域にあった商品展開と、大型と小型の店舗の連携による
マーケット効果の両方を獲得しています。非常に安定感のある事業展開ですね。

◉地域の次は世界へ
 こうして安定した事業展開を行う事でほぼ全国制覇を成し遂げたと言っても
過言ではないコメリですが、コメリはさらに先を見据えています。
チェーンストアとしてのグローバル・スタンダードを目指すべく
商品開発のグローバル化とオンラインショップの拡充を図っています。
また、現在家具・カード・食品・リフォーム事業を展開しています。
家を改築し、手入れをする道具を買い、そこで暮らすための食品を買い、
会計を支払うところまでサポートしていると考えるとコメリはまさに
暮らしのスペシャリストと言えるでしょう。

ホームセンターといえば田舎に大きな店舗を構えるのみ、という
イメージが強かったのですが船団方式という方法で全国に攻め入る
こうした企業があったことに驚きました。
ちなみに、社名からなんとなく想像がついていた方もいるかもしれませんが
コメリはもともと米穀商から始まった会社であり、捧家の屋号とミックスして
米利という社名になったそうです。
お米の会社から今や食品を囲む環境の製品をほぼ網羅する企業になったコメリ。
暮らしのスペシャリストが世界に向けてどんなアプローチをするのか、見ものです。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031