こんにちは。

いま、京セラのセラミックナイフが海外で人気だそうです。
しかしそれが、ただの同社製セラミックナイフとは違うんです。

京セラのセラミックナイフといえば、白い刃にカラフルな柄がかわいらしい包丁を思い浮かべる方が多いかと思います。
しかし今回海外で話題になっているのは、それとはまったく印象の違った「KYOTOP(キョウトップ)」。
黒を基調としていて渋みがあり、特に表面に枯山水風の模様が施されているのが特徴です。

 

 

和のテイストを意識した製品の要望を受けて誕生したこの商品は、日本円で約4万円と高価ですが人気を集めています。
セラミックス製の軽さという実用的な面と、高級感あふれる和風なデザインが評価されているようです。
京セラが本社を置く京都(KYOTO)から世界一(TOP)のクオリティーを目指すという思いが込められた「KYOTOP」は、まさに世界一の包丁になるべく歩を進めています。

ではでは。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031