初めまして、ディレクターズのインターンシップでブログを更新させていただくことになりました大学生です。

今日は自己紹介代わりに自分の興味のあることを書いていこうかと思います。
皆様アニメはご覧になったことはありますか?
私は一人暮らしをきっかけに今では深夜のアニメを見ることが習慣になってしまいました。
早速ですが、私が今まで見てきたアニメで印象に残っているアニメ制作会社を紹介させてください。

【プロダクションI.G】
ご存知でしょうか?代表作は機動警察パトレイバー、攻殻機動隊シリーズ、最近だと図書館戦争、BLOOD-Cが劇場で公開されていますよね。
プロダクションアイジー(株式会社アイジーポートの子会社)は動きの描写が細かくて丁寧な印象を受けています。動きの描写って作画が崩壊してしまいがちなんですけど、プロダクションアイジーの作品はほとんど作画が崩壊していないんですね。特に攻殻機動隊は映画並みにクオリティが高かったのが印象的で、毎回見ていて興奮していたのを覚えています。

ところで、プロダクションアイジーの「I」と「G」って何か気になりませんか?
プロダクションアイジーの社長は石川さんです。副社長は後藤さんです。はい、お二人のイニシャルが由来です。

1985年に設立し、当初はアイジータツノコっていう社名でした。元々タツノコプロダクションで分派して出来た会社で当時はタツノコプロダクションから資本金の援助を受けていたこともあり、社長の石川さんは恩返しの気持ちで「タツノコ」という言葉を使いたかったそうです。
あと、当時タツノコプロダクションはアニメ制作会社の中では大手だったため、タツノコの名前があると金融機関を中心に社会的な信用を得やすかったみたいです。
しかし、タツノコプロダクションの関連会社だと勘違いする方が増えてきたことがきっかけで社員さんも不快に感じるようになり、タツノコプロダクションにも社名から「タツノコ」を外してもらうようにお願いされてしまい、結局社名を現在のプロダクションアイジーに変更することになりました。

今では、日本のアニメ産業を支えている大きな会社へと成長しています。2010年には元出資者だったタツノコプロダクションの株を取得して、石川さんが同社非常勤取締役に就任することになったそうです。何が起こるか本当に分かりません。
もし、社名をアイジータツノコのまま変えずにいたらどうなっていたんでしょうか?たかが社名だと感じていましたが、実は社名って結構重要だったりするんですね。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930