こんにちは。

今日は天気が悪くて肌寒く、明日はすごく暑くなるといううわさで、
これが季節の変わり目の三寒四温(さんかんしおん)かねー、なんて
話をしました。

さて今日ご紹介するのは株式会社アスカネット
ネットに関係する企業かな?と思ったら、冠婚葬祭業界に属しているようで
???と思ったので、公式サイトを見てみました。

もともとは飛鳥写真館という、写真撮影の会社を営んでいた同社、
同業他社に先駆け、いち早く写真のデジタル化に取り組み、さまざまな実験や
チャレンジを行ってきたことで、独自のビジネスモデルや製品・サービス展開
することができたのだそうです。
それにしても、広島という、一地方都市で撮影スタジオを営んでいた
企業が上場するってすごいことですよね。

現在の主な事業は、なんと遺影の製作、管理なのだそうです。
それで冠婚葬祭業界なのですね。
日本人はなぜか、スナップ写真は良く撮るけれど、意外と一人で
写っているポートレートなどは少ないのだとか。
うーん、確かにそうかも。
だから、アスカネットでは、小さく写っているスナップ写真を拡大、
加工し、少しでも美しい遺影の製作をするそうなのですが、
やっぱりどうしても限界もあります。
そこで、普段から少し遺影のことも意識し、いい写真があったら
アスカネットに預けることで、もしものときにあわてずに済む、
自分の気に入っている1枚を遺影にしてもらえる、といった
安心感を得ることができます。
詳しくはアスカネットの、「遺影バンク」というサイトをご覧ください。

ほんと、私も今死んだらいい写真がなくて困っちゃうこと必至なので、
少し考えてみたいと思います。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930