最近、会社の近くのパン屋さんのクリームパンにはまってます。
こんにちは、たいやきもクリーム派のあいぼです。

さて、今日の小ネタはカスタードの神髄である
クリームパンのおはなしです。

ところでクリームパンっていつ頃からあると思いますか?
なんと明治37年からあるそうです!!
しかもつくったのは、カレーや肉まんで有名な中村屋
クリームパンができたきっかけは、中村屋の創業者夫婦がシュークリームを
食べて感動したことがらしいです。
当時、あんぱんが流行っていたらしくそのあんの代わりにクリームをいれてみたら
どうだろうかということで試作を重ねて商品化。
お店に出したら大好評だったそうです!
実は当時のクリームパンはグローブ型ではなく、切れ目のない柏餅型だったそうです。

ではなぜグローブ型になったかというと、クリームパンやあんぱんなどの中に”あん”が
はいっているパンは、どんなに細心の注意を払っても、なかに空洞ができてしまう
そうです。なので、空洞ができないように空気を抜くための切れ目を入れたところ
結果的にグローブ型になったらしいです。

たしかにクリームパンで中がすかすかだとちょっとがっかりしてしまいますよね〜
あのグローブの形は、お客さんをがっかりさせないための工夫だと知って、
ますますクリームパンが好きになりました〜

みなさんもたまにはクリームパンを食べてみてはいかがでしょうか?

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031