2010FIFAワールドカップが目が離せなくて、寝不足気味なはたのです。

さて、日本VSデンマーク戦があと2日にせまってきました!

決勝トーナメントに駒をすすめられるかが決まる大切な試合。

最悪でも引き分け、最高で勝ち点をしっかりとって、決勝トーナメント進出してもらいたいです。

ということで、こんなに盛り上がれるFIFAワールドカップのルーツに今日は迫りたいと思います!

そもそもサッカーの発祥は、中世イギリス。

村の祭りの1つとして、村人たちが1つのボールを蹴り合い決められた地点まで運んでいくというものがあったそうです。それがサッカーのはじまりだといわれています。

かつては地域によって手を使ってよかったり、悪かったりとルールが異なっていたため、19世紀にイギリスのロンドンでルールを統一する協議が行わました。

その結果、「手を使っていい」=ラグビー、「手を使っちゃだめ」=サッカー(フットボール)

というふうになったそうです。

その後、1908年のロンドンオリンピックでサッカーも正式種目になりましたが、アマチュア規定の強いオリンピックではプロのフットボール選手を集めることはできないという問題がおきました。

そこで、プロのサッカー選手が参加可能な国際大会「FIFAワールドカップ」が始まったそうです。

今日は、そのサッカー発祥で、プレミアリーグが有名なイギリスVSスロベニアの試合です!

英国風の居酒屋(パブ)で、本場のサッカーを肌で感じてみるのはいかがでしょうか?

ちなみに英国風パブでおなじみの「HUB」って実は上場しているんですよ!

今すぐ、情報をチェック!
株式会社ハブ
https://kmonos.jp/3030.html

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031