こんばんは。
今日はすっごく寒いですねーー。

寒い時期は乾燥するので、どうしても火事などが多くなりますよね。
火事のニュースなどを見ると、焼け死ぬのはこわいなあ・・・
と切実に思います。
(生き埋めになるのも怖い。。。怖くない死に方はないかもですね。)

でも最近のビルやマンションは、多くが耐火建築物になっているようです。
部屋の中で火事が起こった場合、どうしても部屋の中は燃えてしまうと
思うのですが、周りの部屋には影響がないようです。
火事の危険が少しでも減るのは、安心ですよね。

耐火建築物というのは、いくつかの条件を満たす建物のことですが、
基本となるのはやはり主要構造部が耐火構造であることです。
こちらのサイトに分かりやすくまとまっていました。(外部リンク

耐火構造を支える耐火物(レンガ等)を作っている会社の最大手は
品川リフラクトリーズ株式会社
昨年、品川白煉瓦株式会社とJFE炉材株式会社が合併してできた
新しい会社で、耐火物メーカーとしては日本で1位、世界で3位、という
規模なのだそう。

子会社のイソライト工業株式会社も同じように、耐火煉瓦などの販売が
主な事業でしたが、1967年からセラミックファイバーを手掛け始め、
現在はそちらが主力製品となっています。
セラミックファイバーというのは、いろんな製品に応用できる、断熱材。
いまはやりの断熱住宅(エアコンの使用が少なくなり、エコな住宅)などに
応用されているようです。
親会社の品川リフラクトリーズ株式会社とは、
共同事業として環境関連事業や新素材の開発・研究を
行なっているとのことです。

それにしても、今日まで、このふたつの会社のことを知りませんでした。
私が無知だということもあるのですが、本当に世の中にはいろんな仕事、
いろんな会社、いろんな業界があるんだなあ、と実感してしまいます。

これから就職を控えた学生さんなどが、少しでも業界への興味を
持てるように、いろんな業界を紹介していきたいです。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930