あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

今年のお正月は、例年になくアクティブで、中国は四川に
遊びに行ってきました。
そんなにアクティブじゃないじゃない、と思われる方もいるとは
思いますが。。。いつもは寝正月ですからねえ。

海外に行くと、国民性やら、習慣やらの違いに驚いたりしますが、
びっくりしたのが街ゆく人がみんな、小さいゴミやたばこの吸い殻を
ポイポイ捨てていること。
なのに、道路はゴミがないこと。

ようするに、ディズニーランド(オリエンタルランド)みたいなもので、
きちんと清掃員の方がいて、落ちたごみをすぐに掃除していくのです。
これは、シンガポールなどでも同じだそう。

帰国して、そんなことをぼんやり考えていたら、ツイッター上で
現役中学生の男子が、「学校掃除ってあんまり要らない気がする。
生徒じゃなくて業者が掃除すれば学校ももっときれいになるのに…」
と発言して話題になっていることを知りました。
上記の発言は賛否両論あるようですが、
(その通りだ!とか、掃除も教育の一環、とか)
中国では少なくとも、清掃の仕事があることは、「いいこと」なのかも、と
思ったのも事実。
いろんな考え方や状況がありますよね。

さて清掃請負事業を主としているのは、ビルメンテナンス会社である
株式会社白青舎
10年後の中学校では、生徒ではなくて、掃除のプロが教室を掃除している、
なんてこともあるかもしれないですね。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930