こんにちは。
今日も一段と寒いですねーー。
寒がりですが、冬はけっこう好きです。

急に寒くなって風邪を引いている人も多いのでは?
私は風邪をひいたかな?と思うとまず、葛根湯を飲みます。
ドリンクタイプだったり、粉薬(乾燥エキス)だったり。
そうそう、乾燥タイプを飲むときは、お湯に溶かして飲むとより効く、と
いう説もあります。
~湯、という漢方薬は、たいていそうらしいです。

葛根湯もいろんなメーカーから出ていますが、私はやっぱり
ツムラの1番、というイメージです。
これはドラックストアで買うというよりは、病院で出してもらうものなのかも。
基本的には薬局などでの対面方式での販売だそうです。

その他、第一三共ヘルスケア(株式会社第一三共の子会社)
から出ているカコナール2葛根湯顆粒、
クラシエ製薬のカンポウ専科シリーズの葛根湯などが有名でしょうか。

ただ、葛根湯というのは、つい風邪薬のように使ってしまっていますが、
風邪薬、というわけではありません。
漢方生薬の、葛根(かっこん)、麻黄(まおう)、桂枝(けいし)、
芍薬(しゃくやく)、生姜(しょうが)、大棗(なつめ)、甘草 (あまくさ)
を調合したもので、作用としては発汗作用があり、鎮痛作用があり、
首筋の凝りを取る作用を持つ薬なのです。

ですから、風邪でなくても肩こりがつらい時には飲んでいいし、
逆に、熱で暑い!という風邪の時には向きません。
やはり、ちょっと寒気がするような、いわゆる風邪の引き始め、に
効果があるようです。
そのあたりは、服用する前に、お医者さんに聞いたり、説明書を
読んだりしてくださいね!

葛根湯ひとつとっても、奥が深いなーー。
そのうち時間を見つけて漢方・漢方薬のお勉強もしてみたいです。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031