2017 Ninja1000

| 製品 |

こんにちは。
ライムグリーン色のバイクでお馴染みの川崎重工業株式会社が、大人気モデルNinjaの新作、Ninja1000を2017年3月15日に発売するようです。(正確には川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニーが二輪車を担当)
街中でバイクに目をやると結構な頻度でNinjaですねー。流行っています。

バイクの命名法にピンとこない方もいらっしゃると思うので説明しますが、後方の1000という数字は排気量[cc]を示しています。現在の免許制度では、400ccを超える排気量のバイクに乗るためには大型二輪免許の取得が必要なので、Ninja1000は乗車のハードルが少々高いバイクとなります。

私が乗っているバイクは昭和のマシンなのでとてもアナログな制御なのですが、このNinja1000を含めて最近のバイクは何やらややこしい電子制御が組み込まれていて、路面状態に合わせた走行を可能にするトラクションコントロールや、6軸センサーを用いたコーナリング制御や、エンジンパワーのハイ・ロー切り替えなど、至れり尽くせりです。使いこなせる走りができるかは少々疑問ですが・・。
この技術のおかげで乗り手は高度な技術を要求されなくなり、安全に走行することが可能となりました。運転技術に自身の無いライダーにはありがたいことですね。

ちなみに2017年モデルのNinja1000は127万4,400円で購入できるそうです。超高性能マシンですし、安いような、高いような・・。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031