コードネームNX

| 製品, 小ネタ! |

こんにちは。
今日は朝から雨ですね。それだけならまだいいのですがそれに寒さが加わり着ていく服装にすごく困りました。
それはいいとして、今回取り上げるのは京都市南区に本社をもつ任天堂株式会社です。小さい頃からゲームに親しんできた世代であればプレイをする過程で間違いなく目にしているであろう任天堂という名前ですが、非常に興味深いことに沿革を閲覧してみると企業の発端は1889年 (明治22年)に花札の製造を開始したことだったそうです。その後1902年 (明治35年)に本邦初のトランプ製造に着手し、1947年 (昭和22年)に株式会社丸福が設立されます。今となっては任天堂の代名詞的存在の家庭用ゲーム機は、1977年 (昭和52年)に「テレビゲーム15」、「テレビゲーム6」として登場しました。その後はドンキーコングやスーパーマリオブラザーズ、スーパーファミコンなどお馴染みのブランドが続々顔を並べ始め、今に至るというわけです。
さて、日本のゲーム産業を牽引する任天堂ですが、来年3月に新しいゲーム機 “Nintendo Switch”の発売を予定しています。これまでは社内開発コードネーム「NX」として開発が進められてきていたそうで隠している感じが妙に魅惑的だと感じました。この名称の由来ですがホームページから引用すると、

「テレビ等のご家庭のモニターとHDMIケーブルで接続された「Nintendo Switchドック」から本体を取り外すだけで、ゲーム画面はモニターからNintendo Switch本体上の画面に瞬時にスイッチし(切り替わり)、「家庭用据置型テレビゲーム機品質のプレイ」を体験できる場所がテレビの前から別の場所にスイッチします。(https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2016/161020.html)」

とのことで、SWITCHという名前がぴったりといった感じです。特徴は、本体着脱可能コントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」ではないでしょうか。本体に装着したまま個人でプレーをするのも可能、左右のコントローラーを一人ずつ持ち複数でプレーするのも可能と遊び方も多彩で、これまでのゲーム機の概念を確実に更新するアイテムとなりましょう。見た目も大変スタイリッシュで言われなければゲームだとは分からないとも思いました。最後に、「2017年1月、東京ビッグサイトにて、Nintendo Switchプレゼンテーション&体験会を開催!(https://topics.nintendo.co.jp/c/article/15aeb51d-9a6e-11e6-9b38-063b7ac45a6d.html)」というニュースの紹介です。1月13日(金)はプレゼンテーション、1月14日(土)、15日(日)には一般の参加者もゲームができる体験会があるそうです。場所はともに東京ビッグサイト。任天堂ファンの方は、続報に要注目です!

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031