主流の変化

| 小ネタ! |

こんにちは。

小学生の時、鉛筆の硬度は何を使っていましたか?
私はHBをよく使っていました。周りの友人もHBまたはBが多かったですね。
しかし、今の鉛筆の主流は2Bに移り変わっているそうです。
20年ほど前にはHBのシェアが5割近くを占めていましたが、今では3割まで落ち込み、2Bが2割から4割に増えているそうです。

原因は筆圧が下がり、字を丁寧に書く子が増えているからだそうです。
確かに2Bなどの柔らかい鉛筆だと軽く書いても濃い線をかけますよね。
でも私は2Bなどの濃い鉛筆は好みではなかったです。
右から左へと書く日本のノートだと、書いた文字の上を擦るように手が移動していくので、手がどんどん黒くなっていくんですよね。

鉛筆のシェアの9割は三菱鉛筆とトンボ鉛筆で占められています。
その両社ともマークシート用の鉛筆を販売しています。
マークシート方式の試験というと、BかHBの鉛筆しか使用が義務付けられていたりしましたが、それこそ濃い鉛筆を使わせてくれればマークするのが簡単なのに、と思ったりしていました。
同じ悩みを持つ方は割りといたのか、マークシート用鉛筆はHBの硬度で濃く、はっきりとマークができる優れものだそうです。
今後この鉛筆を使用する場面に出会うことはあまりなさそうですが、マークシート方式の試験をよく受けていた中高生の時に存在を知りたかったです…

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930